第3位:ジュエリーコーディネーター検定「誕生日8月なんだ?じゃあ、誕生石はペリドットだね。」

知りたい!ジュエリーコーディネーター
試験対策から実際のお仕事まで
ジュエリーコーディネーター検定は、日本ジュエリー協会が実施する検定試験です。ダイヤモンド、カラーストーン、真珠といった素材の知識から、製造・修理に関すること、そしてコーディネートに関することまで、ジュエリーに関する総合的な知識を問う試験です。
  • お手軽度:★

  • ネタになる度:★★

  • 実用性:★★★(結婚指輪を選ぶ際にも?)

  • 取得費用:★(かなり金がかかる!)

  • 試験実施頻度:★★
単純に「えーそんな資格があるの!?」ってことでネタになる資格でもありますが、実際に女の子にプレゼントするアクセサリを選ぶときなど、実用性の面でも有効な資格といえるかも知れません。

ただ、「君のつけてるそのネックレスは……云々」などと、ファッションチェックさながらにくどくどと評論してしまうのは、ウザがられるだけで逆効果ですので、気を付けましょう。この例に限らず、資格の話をネタにするのは良いのですが、必要以上に自分の知識をひけらかすのは相手にあまり良い印象を与えませんので、ほどほどにしておきましょう。

この資格の一番のネックは、取得費用が高いこと。登竜門となる3級試験で、受験料9,000円、公式テキスト4,500円となっており、級が上がるにつれてさらにお金がかかることになります。加えて、正式に資格認定されるためには数万円の登録料がかかり、と……やはり、ジュエリーにはお金がかかるものなんですねえ。

第2位:club DAM 歌唱検定「この後、2次会もちろんカラオケ行くっしょ?」

ちなみにガイドはカラオケ好き
ちなみにガイドは歌唱検定1級(11段階評価の真ん中)
ビッグエコーやシダックスなど、日本全国のDAMステーションを設置しているカラオケボックスで受験可能な、club DAM 歌唱検定。普通のカラオケに付属している、よくある採点機能とは異なり、録音した歌声を審査員の先生が実際に吟味し、音程、リズム、節回しなどの項目ごとに評価してくれるという、かなり本格的な認定制度です。
  • お手軽度:★★

  • ネタになる度:★★★

  • 実用性:★

  • 取得費用:★★★(3,000円!)

  • 試験実施頻度:★★★(店が開いていればいつでも!)
「俺、歌唱検定三段なんだぜー(評価は6級~五段の11段階)」と言えば、きっと「えーほんと?じゃあ2次会カラオケいこーよー」という流れになるはず(!?)。そこでひとつキメちゃいましょう。男なら、歌声で女の子をとろけさせてしまいましょう。

まあこれに関しては、資格がどうこうというより、歌が巧いか下手かという問題になってくるわけですが……歌の巧拙を客観的に評価してもらう機会ってなかなかないですから、「歌には自信があるぜ!」という方はぜひ一度体験してみてはいかがでしょうか。少なくとも話のタネにはなりますしね。

歌唱検定のいいところは、DAMステーション設置店に行けば、いつでも好きなときに受験できるという点です。ただし、録音した歌声を審査員の先生に評価してもらうという過程を経るので、結果が出るまで2週間かかりますが……それでも、まあ普通の資格試験と比べれば、早く結果が出るほうですよね。受験料も3,000円と比較的安価なので、とても気軽に受験できる検定だと思います。


次のページでは、いよいよ第1位を発表します!