公務員の人気上昇といっても、どの位上昇しているのでしょうか?
その実態に迫るべく、実際の申込者数の上昇率を調べてみました。

<公務員試験申込者数の上昇率>

国家公務員採用 I 種4.6%増
国家公務員採用 II 種2.0%増
国家公務員採用 III 種1.7%増
法務教官6.0%増
労働基準監督官11.6%増
国税専門官12.4%増
航空管制官3.0%増
皇宮護衛官5.7%減
入国警備官30.6%増
海上保安学校学生29.9%増
航空保安大学校学生16.2%減
刑務官15.6%増

ほとんど全ての試験で申込者が増加しているのがわかります。もっとも、申込者数は、それぞれのカテゴリで大きく異なります。例えば「国家公務員II種」は申込者総数が10万人近いのに対して、「皇宮護衛官」の採用試験は1千人あまりですから比較するには注意が必要です。
それにしても、人気が上昇しているのは間違い無いといえるでしょう。


公務員試験の時期は?

実は、国家公務員といえども試験の時期は、それぞればらばらです。4月に申込んで5月に試験が行われるものと、7~8月に申込んで9月頃に試験が行われるものに大別できるようです。

合格率は?

気になる合格率は、I種で約19倍とかなりの狭き門です。実際にI種を受験する人は、東大に代表される国家的頭脳でしょうから、合格するのは至難の業だと思われます。また、それ以外の公務員においても、ものによっては100倍を超えるといわれています。
また、試験勉強は一般的に1年程度はかかると言われており、かなりの勉強をしないと合格できない試験だといえます。


 関連記事 : 公務員試験の概要

 日本で取得可能なあらゆる資格の最新情報・おもしろ情報をお届けします!

 
資格メルマガ購読申込はこちらへ!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。