救急患者が医療機関に搬送されるまでの間の症状の悪化を防ぎ、生命の危機を回避するための救急救命処置を医師の指示によって行います。国家資格で、最近は救命率向上のために措置できる範囲が拡大しており、重要な業務になってきています。

あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。