老けないスタイル~ショートヘア~
トップを長めにしてふんわり感を演出

All About横浜ガイドの田辺 紫さん。10年来のショートヘアですが、垢抜けず、いつも同じ印象なのが悩みだとか。

■カットのポイント
老けないショートヘア
カット前の田辺さん。「いつも同じところに分け目がついてしまうんです」
トップやサイドに重さがあってペタンとしているので、老けてみえますね。分け目もビシッとつけない方が良いでしょう。カットのポイントは丸さを出すこと。内側だけにレイヤーをいれて、全体のボリュームをダウンします。外側の髪は長さを残し、内側のレイヤーにふんわりとかぶせます。

■ブローのポイント
老けないショートヘア
後ろから前へ、頭の形に沿うように手ぐしでブロー
手で髪を持ち上げて、内側を乾かすようにブローし、全体的にラフに仕上げます。

老けないショートヘア
トップをマジックカーラーで巻くと、ボリュームがアップ
7割程度乾いたら、トップにボリュームを出すために、マジックカーラーで2ヵ所巻きます。マジックカーラーは髪を傷めず、手軽に使えるアイテム。巻いたまま、前髪をブローします。ブローブラシの丸みに沿って、前髪に丸さを出します。

■スタイリングのポイント
ワックスをつけるメリハリがコツ。毛先は多めに、トップは少なめにつけます。

まずはワックスを手のひらで一度伸ばしてから指先につけ、毛先をつまむようにスタイリングします。顔周りと襟足は、丸く顔に沿わせるようにします。次に、手のひらに残ったワックスを全体につけて、マジックカーラーで巻いたところはふんわりとくずします。
老けないショートヘア
老けないショートヘア
すっきりしているのに、やさしいイメージのショートヘア。トップのふんわり感がポイント


取材協力:BEAUTRIUM gaien店……2009年4月8日にgaien店移転OPEN→こちら



今回は、アラフォー世代の読者お二人にご登場いただきました。カットとスタイリングでずいぶん印象が変わり、“マイナス5歳”になれたのでは? ヘアスタイリストの桑原さんも言われたように、ツヤのある髪は若々しい印象を与え、白髪も目立たなくしてくれます。日々のヘアケア&頭皮ケアで、髪のアンチエイジングを目指してください。

【関連記事】
華やか! ショートヘアのパーティスタイル
5分でできる! 夏のリゾートヘアアレンジ
ツヤ髪“春”バングで簡単イメージチェンジ
5分で完成! 簡単&華やかなパーティヘア
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。