文面解説


文面にある
「過去」
とはいつのことでしょうか? 本来の請求書であるならば、「何月何日何時」と書くべきです。

「電話回線」
とありますが、「携帯電話」あるいは「固定電話(一般回線)」のどちらとも書いてありません。それに電話番号も明記されていません。

「利用番組」
と称して名称がありますが、実在するものかどうかわかりません。また、聞いたこともない知らない名称であれば利用したことなどもちろんないのですから、これはもっともらしく思わせるためのものでしょう。

「会員登録」
などした覚えがなければ「登録」もなにもありません。

「未納利用料金」
利用してもいないのに、利用料金は発生しません。「未納」もなにもないでしょう。それに、たとえば1分間いくらのところ、何分間利用したのにといった具体的なことは一切書かれていません。

「遅延損害金」
何がいつから「遅延」しているのでしょう?「損害金」元の請求も何もないのですから、「遅延」もないでしょう。

「電話名義人及び住所調査手数料」
どちらの電話会社でも、電話番号からお客様の氏名住所といった個人情報を漏らすようなことはありません。「調査」などしたかどうかもわかりません。勝手にそう言っているだけです。

「貴方のご自宅まで直接訪問させて頂き」
どうぞ勝手に来たらいかがですか?と言いたくなるような感じですが、やはりコワイ人が本当に家にまで来たら恐ろしい…と思ってしまうかもしれません。まずそれで来るようなことはないでしょうし、もし万が一来て、支払い義務のない請求を受けたらすぐに警察に連絡すればよいのです。

「交通費、人件費を加算して回収」
これも勝手な言い分です。通常の商取引では、そんなことはありえません。しかし、やはり(これ以上請求されては…)という気にさせる文言です。

「貴方以外のご家族の方等が登録及び利用」
本人以外に利用するはずがない人にとっては、まったく関係ないとわかります。またご家族がいらしても、仮に利用していたとしたら、その人物を特定して、その人物に請求するべきであって、名義人云々は関係ありません。「家族」と書くところが家族のいる方には不安をあおるようですが、自分が利用してもいない、家族もいない方にとっては「はあ?」という感じでしょう。

お振込先口座 ○○△△銀行 ○○支店
普通 00000000 口座名義 ×××△△△


とありますが、「架空名義」の銀行口座はご存じのようにインターネット上でも販売されており、この名義は正しい本人のものではない可能性が高いでしょう。
なおかつ、法人名ではなく、個人名義である点もすでに怪しいです。

お支払い期限 平成△△年○月○○日
この日付は届いた日から数日以内に設定されており、考える時間を与えないようです。不安な方にとっては「どうしよう。コワイ人が家に来ても困るし、そんなことになるくらいなら、支払ったほうがいいのでは」と思ってしまいがちでしょう。

→詳細解説