しかし、今問題になっているのは「利用してもいない、すぐに切った、のに高額な請求が」という点です。「身に覚えがない利用料金の請求」に支払い義務はありません。なおかつ、繰り返しになりますが、そのような被害事実は現時点では確認できていないのです。

「身に覚えがある方」にとっては、戦々恐々(恐れおののく、ビクビクする様子)といったところかもしれませんが、やはり納得のいかない請求に対しては、「料金システムを明らかにしてほしい」「利用記録を提示してほしい」と断固として戦う姿勢をとるべきではないでしょうか?

支払いが発生し無視すると延滞で料金がどんどん増えて、大変な額を請求されてしまうかもしれない
たとえば「5万円の請求があり、無視していたら翌月延滞料金と称して30万円の請求があった」というようなことがあったとしたら、それは「法定利息」をはるかに越えた、不当な請求ですから、ぜひ警察や消費者センター、国民生活センターに相談してください。

「正しい請求であるならば支払う」のは当然ですが、「請求があったらとにかく支払う」というのは少々安易に過ぎるのではないでしょうか。まじめで、疑うこともせず、うっかり支払ってしまうことも多いようなのですが、大切な自分のお金を誰かに支払うのに、あまりにもうかつではないでしょうか。

「請求があったら、支払わなくてはならない」と考える前に、「この請求は間違っていないか?不当な請求ではないか?」と考えましょう。「請求があるイコール支払い義務がある」わけではありません。また、身に覚えのない請求には支払わないように注意しましょう。

納得のいかないものには泣き寝入りせず、不安な場合は相談できるところ(電話会社、消費者センター、国民生活センター、警察、法律相談窓口、弁護士等)に早急に相談して、すみやかに問題を解決するようにしましょう。

なお「ワン切りトラブル」の元となっている、特定の電話番号のリストがあるとされていますが、「知らない電話番号には絶対にかけ直さない」という原則を守ればいいのですから、あまり気にしない方がいいのではないでしょうか。着信履歴に惑わされるのはやめにしませんか。

また、12月19日に「ワン切りトラブル~Part3」
という記事をアップしました。

【最新緊急情報】
1月9日に「ワン切りで請求書?心配ご無用」という記事をアップしております。実際に請求書が来たので不安という方はぜひご覧ください。

1月30日に「屈するな!電話でカツアゲ」という記事をアップしております。
ハガキではなく、「直接、電話に請求の連絡がきた」ので不安、というご相談にお答えしております。ぜひご覧ください。


関係各所の「ワン切りトラブル」に関する注意情報を【おすすめINDEX】「迷惑電話・盗聴・盗撮」にアップしておりますので、ぜひご覧ください。

「防犯」メールマガジンは、安全な生活を送るために必ず役立つ情報を毎週水曜日にお届けしています。メールアドレスだけで
登録できますので、ぜひこの機会にご登録ください。

【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場で防犯グッズを見る

Amazonで防犯グッズを見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。