披露宴会場に集まる“人”と“ご祝儀”

ご祝儀の取り扱い注意

ご祝儀の取り扱い注意

結婚式のシーズンには、大安吉日や休日の披露宴会場は多くの人でごった返します。礼服やきれいに着飾った人々の中には、まさかドロボウがいるなどとは思わないもの。ところが、いかにもそれらしく振る舞う人の中に「ご祝儀ドロ」がいるのです。

もともと新郎新婦の親族や関係者の初顔合わせともいえる場所ですから、知らない顔があっても当たり前。逆に、その場にいれば関係者と思ってしまうのが人の常です。

受付でご祝儀を渡して記帳をすれば、出席者としてはあとは飲んで食べるだけ。ところが、受付の係はご祝儀をまとめて管理して、しっかりと採算合わせをしなくてはなりません。数十から多いところでは数百のご祝儀袋が集まるのですから、なかなかかさばるものです。

段取りに慣れた人なら、しっかりと事前に準備と打ち合わせをして、ご祝儀の管理はぬかりないでしょうが、両家とも初めての婚礼であったり、準備期間が短くあわただしいものであったりすると、何が何やらわからないうちに進んでしまいます。気がつくと、
「あれ?ご祝儀は誰が管理しているの?」
となってしまうのです。


ケース1

結婚披露宴の受付を頼まれたK子さん(28歳)は、新郎側の受付の男性と一生懸命来客の受付をしていた。そろそろ客も九分通り席に着いた頃だ。会場の用意した大型の文箱にはたくさんのご祝儀が山積みになっている。しゃれた水引のものや凝った作りのものなどいろいろな種類があるものだ。
(全部でいくらになるのだろう)
とぼんやりと考えながら、フレンチのフルコースを思って空腹を覚えていた。

そこへ、黒の礼服に白いネクタイの中肉中背の男が現れた。新郎側の受付の○山さんに
「あ、お疲れさまです。あのう、新郎さんの控え室の方で呼ばれていますけど」
と、腰を折りながら小さな声でささやくようにした。
「あ、そうですか」
と○山さんは答えて、K子さんに
「ちょっと失礼します」
と声をかけて受付を離れた。男は当たり前のように、○山さんの代わりに受付に入った。

「あれ? 髪型が乱れていますよ。そんなに気にならないけど、ちょっと後ろのところ」
と男に声をかけられて、K子さんはうろたえた。美容院に早くから行ってセットしてきたのに乱れているなんて…。

「こちらは大丈夫ですから見てきたらどうです?」
と、男に言われたので、
「そうですか? じゃ、ちょっとすみません」
と、バッグを取り席を立った。

「すぐ戻りますので」
「どうぞ」
男は神妙に頭を下げた。

化粧室に行って鏡を見たがたいして乱れてもいない。しかし、ついでなので用を足して、コンパクトで化粧を直して受付に戻った。すると客が2組ほど待っていた。さきほどの男の姿は見えない。
(いけない)
と、足早に受付に入り、
「お待たせしました」
とにこやかに応対した。そこに○山さんが戻ってきた。


→ケース1後半
→→ケース2/被害を防ぐために