事前調査が大切

この二つはいずれも騒音に苦しめられて、あげく自分が引っ越しをすることで解決したというケースです。騒音だけでなく、隣人の性格や人柄にも改善の余地がなかったのです。どちらも賃貸物件でしたから、引っ越しをする、という解決方法が取れたのです。

もし購買物件だったら? あるいは賃貸でも引っ越した直後に気がついたら? そう簡単には引っ越すわけにもいきません。そこで、「事前調査」が重要になってきます。隣人について、ご近所について、それまでトラブルがなかったかどうか、以前の居住者がなぜ去ったのか、など人間関係を中心に情報を集めましょう。

集合住宅での騒音は

集合住宅では、実際の生活音などがどの程度なのか、居住者に聞くのが一番かもしれません。部屋の下見の際に、床に寝ころんでみて、音の響き具合を確かめるというのもいいでしょう。立っているときには分からない音や振動があるかもしれないからです。

もちろん、自分が出す音についても細心の注意が必要なのは当然です。気づかぬ内に、隣人があなたへの殺意を抱いているかもしれません。とくに集合住宅では、どこからともなく音が聞こえてくるものです。隣と思っても、実は反対側であったり、何階も離れているところだったりもします。テレビや音楽に夢中になっているときに、隣人が耳をふさいでいるかも…? そんなことがないように、十分気をつけましょう。

騒音をはじめとする隣人トラブルには、面識のあるなしが迷惑を受けた場合の気分に大きな差が出るといいます。「ご迷惑をかけていませんか」「すみませんね」の一言で、だいぶ緩和されるものなのです。お互いに注意しあって、改善に努めるという姿勢が大事です。相互協力態勢、お互い様の精神、など本来のご近所づきあいができることが望ましいでしょう。
トラブルは未然に防ぐことが肝心です。隣人にご用心。


関連ガイド記事





【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場で防犯グッズを見る

Amazonで防犯グッズを見る



【新サービス事前登録のご案内】
あなたの「経験談」を、誰かの役に立ててみませんか?

オールアバウトは今後、「経験談」を売り買いするプラットフォーム「エクシェア」を開設予定です。

「過去に不倫していたが、関係を断ち切った」「仮面夫婦状態だった配偶者と関係を修復した」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」などの、夫婦関係にまつわるご経験をお持ちの方を募集しています。

あなたの経験が、きっと誰かのチカラになります。副業としても、ぜひお気軽にご参加ください!(別途取材に応じていただけたた方には謝礼をお支払いいたします)

登録はこちらから

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。