毎日のお助けレシピ/節約ご飯レシピ

冷凍卵かけご飯・冷凍卵の目玉焼き

ごはんの上に宝石が乗っかってるような、夏の卵かけご飯の作り方。黄身がクリーミーでなめらかな口当たり。黄身がこんもり盛り上がった目玉焼きは姿も味も魅力的。

大石 寿子

執筆者:大石 寿子

毎日のお助けレシピガイド

冷凍卵かけご飯・冷凍卵の目玉焼き

所要時間:60分

カテゴリー:卵かけご飯

冷凍卵の秘密

前回は、冷凍卵で温泉卵を作りました。卵白より卵黄が固いという、 理想的な温泉卵でした。そこで、「冷凍卵を自然解凍したらどうなるの?」 そんな疑問を持った方のために、今日は、自然解凍した冷凍卵をお見せします。そして、その冷凍卵を使って、卵かけご飯と目玉焼きを作ります。 驚くほどおいしい冷凍卵のおいしさの秘密は、卵黄にあります。生の卵黄よりコシがあり、クリーミーでなめらかな口当たりです。 解凍時間が45~60分かかりますが、調理時間は数分です。

冷凍卵の卵かけご飯・目玉焼きの材料(1人分)

冷凍卵かけご飯の材料
1個 (冷凍)
ご飯1杯
醤油適量

冷凍卵の卵かけご飯・目玉焼きの作り方・手順

冷凍卵かけご飯の作り方

160分ほど自然解凍した冷凍卵を、熱々ご飯にのせる

解凍した冷凍卵を、熱々ご飯の上にのせる。
解凍した冷凍卵を、熱々ご飯の上にのせる。
のせたのは室温に60分置いた冷凍卵。暑い日は、半解凍の卵を熱々のご飯の上にのせて溶かして、ひんやり冷たい卵かけごはんに!

2しょうゆをかけて混ぜる

しょうゆをかけて混ぜる。
しょうゆをかけて混ぜる。
卵黄が溶けていなかったら、ご飯にうずめて溶かす

3卵黄がとろ~りとろとろ

卵黄がとろとろで、なめらかな口当たり。
卵黄がとろとろで、なめらかな口当たり。

冷凍卵の解凍の作り方

4室温に40分置いた冷凍卵

冷凍保存しておいた卵を、室温に40分置いたもの。 殻をむくように割れば、中からシャーベット状の卵が現れる。
冷凍保存しておいた卵を、室温に40分置いたもの。 殻をむくように割れば、中からシャーベット状の卵が現れる。

5水分が溶け出している。卵白はシャーベット状で、卵黄は固い

皿に取り出した画像。卵の原型をとどめてる。
皿に取り出した画像。卵の原型をとどめてる。
この状態で熱々ごはんにかけて、熱で溶かしてもOK

660分解凍した冷凍卵。卵白はほぼ溶け切っているが卵黄はまだ固い

室温に置いて60分後の冷凍卵。卵白はすっかり溶けているが、卵黄は溶け切っていない。
室温に置いて60分後の冷凍卵。卵白はすっかり溶けているが、卵黄は溶け切っていない。
これを使って目玉焼き作り↓

冷凍卵で作る目玉焼き

7フライパンに油を引き、半解凍した卵を焼く

熱したフライパンにオリーブオイルを引き、半解凍の卵を入れて焼く。
熱したフライパンにオリーブオイルを引き、半解凍の卵を入れて焼く。

8卵白が固まれば完成

卵白が固まれば出来上がり。
卵白が固まれば出来上がり。

9卵黄がフォークで切れる

卵黄は、フォークで切って、刺して持ち上げられる。
卵黄は、フォークで切って、刺して持ち上げられる。

ガイドのワンポイントアドバイス

冷凍卵は、とにかく卵黄がおいしいのです。生卵のそれとは食感がかなり違います。冷凍と解凍には時間を要しますが、目玉焼きも卵かけご飯も、作り方は簡単ですので、ぜひ、試してみてください。※衛生面と温度管理に注意してください。

【編集部からのお知らせ】
・「20代男性俳優」について、アンケート(2024/5/31まで)を実施中です!(目安所要時間5分)

※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※回答上限に達し次第、予定より早く回答を締め切る場合があります
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます