ニッケル水素充電池三部作 ついに完結

第1回第2回とニッケル水素充電池の使用に際しての注意点を述べてきたが、今回が最終回。こういった点に注意をしなくても、使えないことはない。
しかし、より多くの写真を撮ることを考えたり、コストパフォーマンスを上げたりという意味では必見だろう。

今回はより細かい注意点になるが、これらも役に立つはずだ。
 

新しい充電池は新しい充電器に

俗に『新しい酒は新しい酒袋に』という。
ニッケル水素充電池でも同じことがいえる。

新しい充電池には新しい充電器が必要となるのである。

旧型の充電器では、新型の充電池を容量いっぱいまで充電できないことがあるのだ。
メーカーとしては最新の充電池は、最新の充電器で使ってもらいたいというのが実際のところだろう。
もちろん、最新の充電器であれば、旧世代の充電池を充電することになんの問題もない。

サンヨーの新製品である2500mAhのニッケル水素充電池『Ni-MH 2500』のパッケージ裏面には、この充電池に対応している充電器が書かれている。
 
サンヨーの最新型ニッケル水素充電池Ni-MH2500。

Ni-MH2500の対応充電器はNC-M70,M60,MR56,MR57,M55,MR57の6機種。どれも最新のもの、あるいは発売されて1年ていどの充電器ばかりだ。

多くの場合、同一の会社から発売されている充電器であれば、次の世代の充電池は利用できる。
ただし、これも確実とはいいがたいので、詳細はメーカーなり店頭なりで訊ねたほうがいいだろう。

注意点はまだまだたくさん!
次ページでは、充電の大敵『手垢』について解説する。

Page 2へ)

 

Page1 新しい充電池は新しい充電器で
Page2 手垢は大敵! 毎回磨こう!
Page3 不活性化はこうやれば直せる
Page4 一度決まったグループは変えないで
 
■関連ガイド記事
ニッケル水素充電池の落とし穴1
ニッケル水素充電池の落とし穴2
デジタルカメラ電池耐久テスト!
使用済み充電池を見分けるには
MyBattery Jetレビュー
電池寿命測定方法共通化の意味
旅行に強いデジカメを考える(1)

日本の発明!屋井の乾電池(発明・特許・新技術ガイド)
100円電池 VS メーカー電池(節約・やりくりガイド)
充電中に自動洗浄のシェーバー(発明・特許・新技術ガイド)
ハイブリッドと二次電池( ミニバン・SUVガイド)