IPXって防水規格?

IPX(International Protection Code)とはIPコードと呼ばれる国際規格で、固体・液体の侵入に対してどれだけの保護が施されているかの目安になる規格。IEC(国際電気標準会議)によって定められている、製品の防水、防塵における保護規格である。

以前はJIS保護等級(下記参照)と呼ばれていたが、現在はこのIPコードが採用されている。ただし、内容は基本的に変わっていないのでIPコード=JIS保護等級と考えてしまって、おおまかに差し支えはない。

なお、日本国内ではIPXが防水規格のように扱われているが、これは間違い……までいかないにしても、微妙に誤った使い方である。

IP##というのが正式な表記であり、Xはテストされていないものを便宜上Xで置き換えているだけである。一桁目が防水等級、二桁目が防塵等級を表している。

IPX4 であれば防水に関してはIPコード4級(JIS保護等級4級)、防塵に対してはテストされていないということになる。IP68と書かれていれば防塵機能は IPコード6級(JIS保護等級6級)、防水機能はIPコード8級(JIS保護等級8級)をクリアしているという意味。

μ770SWはIPコード上ではIP68をクリアした製品となる

μ770SWはIPコード上ではIP68をクリアした製品となる

たとえばオリンパスのμ770SWは防塵はJIS保護等級6級、防水はJIS保護等級8級とされているのでIP68の製品となる。

 

次にIPとほぼ同内容のJIS保護等級について説明しよう。