逆光でも撮影できる?

逆光は撮影にはNGということは常識化しつつあります。しかし、逆光の場面でもかんたんにきれいに撮る方法はあります。覚えておくと便利な逆光での撮影テクをご紹介しましょう。

【目次】  

逆光の場面ではフラッシュを使う

逆光,撮影,写真,逆光の撮影,一眼レフ,逆光撮影,撮影講座

フラッシュの設定画面。この中から強制発光モードを選択し設定する。強制発光モードはフラッシュを押す度にフラッシュが光るモード。


逆光とは、レンズに向かって光が差し込んでくる状況のことを指します。直接レンズに光が入らなくても、レンズを向けている側に光源がある場合も、逆光の状況となります。逆光で写真を撮ると、光が前から差し込んでくるので被写体が影になって暗く写ることが多いところから撮影には不向きな状況と言われることがあります。逆光は写真を撮ってはいけない場面というわけではなく、写りが暗くなりがちなので敬遠されがちということです。

しかし、この逆光の場面を利用してきれいな写真を撮ることはできるのです。それはフラッシュを利用して撮影する方法。フラッシュは、暗い場面や室内で使うものと思われがちですが、逆光の場面こそ利用したい機能です。

オート機能で撮影をしていると逆光の場面では、フラッシュが発光されないことがあります。逆光のときにフラッシュ撮影をするには、フラッシュ設定を強制発光モードに設定します。フラッシュ設定は、コマンドボタンに雷マークのような矢印マークがあればそこを押して設定画面を開くか、またはメニューモードの中から進んで設定変更をします。それぞれの機種により異なりますので、詳しくはお使いのカメラの取り扱い説明書に従ってください。

強制発光モードに設定しますと、フラッシュを押すごとにフラッシュが光ります。フラッシュが必要な撮影が終われば、モードを元の設定にもどしておきます。では、フラッシュ設定ができたら撮影してみましょう。
 

フラッシュ光の微調整は絞りを使う

逆光,撮影,写真,逆光の撮影,一眼レフ,逆光撮影,撮影講座

背後から太陽光が入る桜の花の作例。後ろから光が入っているので花が暗く写っている。


ここでは太陽光が背景からあたる桜の花を作例の場面としてみましょう。太陽光が後ろからあたっているので、このまま撮影すると花が影になって写っています。逆光の場面で撮影するとこのような現象になります。ここで、フラッシュ設定を強制発光モードに変更して撮影します。
 
逆光,撮影,写真,逆光の撮影,一眼レフ,逆光撮影,撮影講座

フラッシュを強制発光させて撮影。暗く写っていた花がフラッシュにより明るく撮影できた。


フラッシュを使うことで暗く写っていた花が照らされてきれいに見えるように写りました。フラッシュを使う前の写真と比較するとその差は明らかに違うのが見てわかります。逆光の場面などで背景が明るい場面にフラッシュを使って撮ることを日中シンクロ撮影という言い方をする場合もあります。

このフラッシュを使った写真は少し明るめに写りました。もう少しフラッシュの明るさを抑えて撮りたいというようなフラッシュ光を微調整して撮影するには、撮影モードを絞り優先モードに設定します。Aモードと言われることもあり、撮影モードダイヤルのAを選択すると絞り優先モードになります。カメラの内蔵フラッシュを使い強制発光させて撮る場合は、絞り値を変更させることで写り具合を調整できます。
 
逆光,撮影,写真,逆光の撮影,一眼レフ,逆光撮影,撮影講座

撮影モードを絞り優先でF22まで絞っての撮影。上の作例と比べると明るさは抑えられたが、背景の空ははっきりと写っている。


上にある作例は、絞り値をF22に設定して撮影したもの。先に挙げた作例と比べると花に当たっている光の明るさが抑えられ、背景に見える空もよりはっきりと写しだされました。絞り値とは、光を取り込む量とピントの合うを距離をコントロールさせるもの。この絞り値を変えることでフラッシュを使っての写り具合も調整できるのです。

わかりやすく設定方法を示すと、絞り値であるF値の数字を小さいほうに設定させると明るく写り、F値の数字を大きいほうに設定すると明るさを抑えた写り具合になります。被写体と背景の明るさのバランスを考慮しながら絞り値を決定させて撮影をしていきます。

このフラッシュを使っての撮影方法、逆光の場面での撮影にご活用してみてはいかがでしょうか。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。