ブランケットステッチで手縫いのぬくもりを生かそう

ブランケットステッチ画像中央
ブランケットステッチを使用した、ソーイングセット入れとピンクッション。
その名の通り、毛布(ブランケット)の端かがりによく使われる「ブランケットステッチ」の縫い方をご紹介します。布の縁飾りはもちろん、フェルトで小物を作る時などにも活躍しますよ!
   

ブランケットステッチに必要なもの……糸・針・フェルトなど

ブランケットステッチ材料
フエルトと刺繍糸の色の組み合わを、アレコレ選ぶのも楽しみのひとつ
難易度:★★☆☆☆
【準備するもの】
■フエルト
■針と刺繍糸
■はさみ など

刺繍糸は25番を、ベースの布にはフエルトを使用しました。布はお好みですが、フエルトやフリースなど、布端の始末のいらない布を利用すると、より簡単に作れます。
 

ブランケットステッチの縫い方

針を刺す間隔はお好みですが(2ミリ~5ミリ程度)、この間隔がそろうように縫ってください
ね。
 
ブランケットステッ1
 
【手順1】
1から針を出します。2に針を刺し、3から針先を出します。出ている針先の後ろに糸をかけ、針を引きます。この作業を繰り返します。
布の縁をかがるように縫う場合は、2から針を刺し、半分ほど針を出します。出ている針先の後ろに糸をかけ、針を抜きます。この作業を繰り返します。
 
ブランケットステッチ2
 
【手順2】
実際に、手順1の方法で縫っている画像です。布に、輪郭を入れるように縫う時は、この方法で縫い進めます。
 
ブランケットステッチ2
 
【手順3】
こちらは2枚の合わさった布を、かがるように縫っているところです。手順1の画像の2から針を刺し、その針を全部抜く前に、針先に糸をかけています。そして針を抜き、お好みの間隔をあけて、また針を刺します。この作業を繰り返します。


 

フエルトのピンクッションを作ってみましょう!

今回はピンクッションにしましたが、クリスマスツリーの飾りなどにしてもかわいいですよ。
Bピンクッション1
 

【手順1】
フエルトを丸型に2枚カットします。サイズはお好みですが、ガイドは直径約5センチにしました。
 
ミニピンクッション2
 
【手順2】
丸型にカットした1枚に、好きな形にカットしたフエルトを縫い付けます。
 
ミニピンクッション3
 
【手順3】
2枚のフエルトを合わせ、周囲をブランケットステッチで縫っていきます。前ページの手順3のように、2枚の布をかがるような方法で縫います。
 
ミニピンクッション4
 
【手順4】
詰め物を入れるので、入れ口を数センチ残します。そこから詰め物を入れて、入れ口もブランケットステッチで閉じます。
 
ミニピンクッション5
 
【手順5】
出来上がり。ピンクッションにしない場合は、詰め物は、化繊綿などでも大丈夫です。





【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。