夢を語る。自分を語る。

ネームプレート
センパイはこの日語るテーマ3つと、名前の記されたプレートを下げています
ガイドがおじゃましたこの日は、都内の某高校で2時間分の授業を使い、カタリ場が開催されていました。キャストと呼ばれるボランティア34名と、高校生190名がこの日の参加者。キャストの中から8人のセンパイが、自分の体験をベースにした3つのテーマを高校生に語りました。

広い体育館にAIKO、槇原敬之、絢香といったJ-POPをBGMが流れる中、話を聞きたいと思ったセンパイを選び、輪になって囲み、カタリ場のスタートです。

やりたいことをする? 周囲が薦める道を選ぶ?

活動3
イラストやチャートを用いてわかりやすく語るナツさん。「私ってこんな人」とプレゼンをしているようでもあります。
たとえば、埼玉県の現役大学生、ナツさんの場合。高校時代に心理学と教育学の両方を学んで、保健教師になりたいと考えました。調べてみると両方を学べる大学はほとんどありません。いろいろ調べて、ようやく1つの大学を見つけましたが、今度は、周囲の思わぬ反対にあってしまいました。大学としての評判が決して高くなかったためです。

「君ならもっと上の大学に入れる。そっちを目指したほうがいい」
周囲の人からそう言われました。
行きたいと思って決めた大学なのに、評判が高くないことで
「妥協して、選んでいるんじゃないか」
そんな風に思う人もいたそうです。

「好きな勉強をする日々」を選ぶか、
「好きではないけれども、評判が高い大学」に進むか。
迷いに迷ったナツさんでしたが、結局、初心貫徹。最初に決めた大学に進学し、保健教師になるための勉強をしながら、充実した日々を送っているそうです。

ほかにも、マグロ漁で350kgのマグロを釣ったとしきさん、声優の道をえらんだイックンさん、一人暮らしの日々を話すあみさんなど、直接、進路に関係なくてもテーマはいろいろ。自分の体験や、進路を目指した理由などを手作りのボードやパワーポイントを使い、わかりやすく話していきます。

高校生たちの反応を次ページで!