街では、「これを聞き流すだけで英語が話せるようになります」 といったたぐいの広告を見かけたりします。本当に聞き流すだけで英語は話せるようになるのでしょうか?

聞き流すだけではダメ!

英語聞き流し
英語は聞き流すだけでは上手になりません。聞いたら真似して口から出すのです。
答えは実に明快です。聞き流すだけは英語は話せるようになりません! では、どうしたらいいのでしょう?

聴いたら真似して繰り返す。

英語の学習はとてもシンプルです。聞き流すのではなく、聴いたら真似して繰り返すのです。この作業をプラスするだけで英語力は伸びます。

そして、この作業を毎日繰り返しましょう。えぇー、毎日なんて嫌だな~! という声が聞こえてきそうですが、英語はやはり、毎日着実に同じ作業を繰り返した人だけが話せるようになるのです。

シャワーのように英語を浴びたとしても、それだけでは英語は話せるようにならないのです。もう、腹をくくって、口を動かす練習に入りましょうよ。


「早く楽に」 というわけにはいかないのです

何とかして 「早く楽に」 英語を話せるようになりたいと思うのが人間の心情ですが、そろそろ、「早く楽に」 上達する方法はないんだとあきらめましょう。英語と真剣に付き合う期間は必ず必要です。

「英語を早く楽に上達する方法は、残念ながらなし!」 と、いう事実に気が付いた人が実はメキメキと力を付けるのです。「早く楽に」 上達する方法がないとすれば、「楽しく長く」 続ければいいのです。

英語はお金を積んでもダメ、海外に出ても出るだけではダメ。じゃあ、どうりゃあいいんだい? と思うかもしれませんが、こうなったら英語と仲良くなって楽しんでしまいましょう? 早く、早く、とあせらないことです。まあ、こんなもんか、程度で長く付き合っていけば、必ず道は開けます。楽しい、と感じることは苦ではないし、長く続きます。ここにこそ英語上達の秘訣があるんですよ。


迷ったときは初心にたちかえる 次のページ