バーンズナイトってどんな日?

バーンズナイトとは、スコットランド詩人のロバート・バーンズの生誕や詩をお祝いする日です。祝日ではありませんが、イギリス全土で1月25日前後に毎年行われます。バーンズの詩には、'My Heart's in The Highlands'などがあります。

'My Heart's in The Highlands(我が心はハイランドにあり)'は、チャールズ皇太子がBBCで朗読するほど有名なものですので、冒頭部分だけですが引用しておきますね:

My heart's in the Highlands, my heart is not here,
My heart's in the Highlands, a-chasing the deer;
Chasing the wild-deer, and following the roe,
My heart's in the Highlands, wherever I go.


なにをする日?

poet

poet

たくさんの人々が、「バーンズ・サパー」という夕食でお祝いします。フォーマルなディナーパーティーでお祝いされることもありますし、友人同士のカジュアルな場合もあります。フォーマルなディナーでは、バーンズの詩の朗読をしたりします。





ハギスでお祝い

ni

party night

「バーンズナイト」のメインディッシュは、スコットランドの伝統料理ハギスです。バーンズの「ハギスに捧げる詩」を朗読してからナイフが入れられます。ハギスは、羊肉やオートミール、スパイスなどを羊の腸に詰めて蒸したものです。


日本ではなかなか口に出来ない料理ですが、この時期にイギリス(スコットランド)に滞在する機会があったら、ぜひ召し上がってみて下さい。好き嫌いはかなり分かれると思いますが、1年に1度の機会です!

ガーディアン(イギリスの新聞)のサイトに、ハギスの作り方が掲載されていますので、材料が入手出来そうな方は挑戦してみるのもいいかもしれません!

The Guardian 'The haggis challenge'
www.theguardian.com/lifeandstyle/wordofmouth/2009/jan/23/haggis-recipe-burns-night



ロバート・バーンズをよりよく知りたい方は

Burns Country(英語サイト):www.robertburns.org
バーンズの作品はもちろん、「バーンズナイト」のガイドなど、あらゆる情報が集まっています。


バーンズの詩の世界に浸りたい方には

原文も良いですが、まずは日本語でバーンズの世界を知りたい方にお勧めです。


まとめ

いかがでしたか?イギリスと言っても、イングランドだけでなく、スコットランドやアイルランド、ウェールズの多様な文化があります。今年の冬は、スコットランドの詩とともに過ごしてみるのはいかがでしょうか?



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。