口の形を覚えてしまえば簡単

LとRの音の違い

LとRの音の違い

よく日本人は 「L」 と 「R」 の音の区別がつかないと言われますが、自分できちんと発音できるようになると不思議と音の区別もつくようになってきます。

英語を話すときは、日本語を話すときとは違った口の形と動きが必要になってきます。「R」 の音を出すときも、ちょっと特殊な準備がいるのです。この口の形さえ覚えてしまえば、もう 「Rの音」 は怖くなくなります。
英語の発音

 ちょっとしたことに気をつけるだけで発音は見違えるようにきれいになります



では、まず「Lの音」 からおさらいしてみましょうか。

舌の先を上の歯茎の裏側に当てて、ラララララー♪ 日本語のラリルレロのときの舌使いですね。

lion, lemon, lollypop, light, love
いかがですか? 舌の先が口の中で楽しそうに踊っていますか? 「L」 は比較的簡単に発音できると思います。

発音
「R」の音は口を「ウ」の形でスタート

「R」 の音は口を「ウ」の形ではじめる!これ基本

では、いよいよ「Rの音」 の出し方のポイントです。それは、口を 「ウ」 の形にして音を出しはじめる、ということです。R はよく舌を丸めるといいますが、意外と忘れられてしまうのが、この音を出しはじめるときの口の形です。
  • 舌を後ろ、のどの奥に向かって丸める。
  • 舌の先が口の中のどこにも触れていないかチェック!
  • 口をうんと突き出して、「ウ」 の形にする。
これで、red, rose, rabbit と言ってみてください。やりにくかったら、最初にウの音を出してしまいます。
red = ウーレッド  rose = ウーローズ  rabbit = ウーラビット
という感じです。しばらくしたら、ウの口の形はそのままで音だけ消してはじめます。これできれいな Rの音が出ているはずです。

「R」 の文字を見たら、口を 「ウ」 の形にする。これ覚えておくといいですよ。これをするだけで音が見違えるようにきれいになります。


【関連記事】
英語の発音練習のやり方―「S・TH」
英語の発音練習のやり方―「F・V」
英語の発音練習のやり方―「W」の秘密



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。