寝坊して1分しか時間がない! フルメイクは無理だけど、一ヶ所だけならメイク可能。そんなとき、あなたならどのパーツを選びますか? 私はもちろん眉。TVや雑誌などでよくある素人変身企画では、ほとんどの方が眉に手を加えた時点で大幅に美人度アップしているのに気づきませんか? 

そう、眉は顔全体の印象を最も大きく左右するパーツ。ファンデーションは塗らなくても、口紅はすっ飛ばしても、何はなくても眉だけは描く……これが、メイク美人への第一歩なのです。

さて、眉メイクと一口に言っても、その手順は2つに分けられます。ひとつは定期的に行う、眉を「整える」作業。そして、もうひとつが毎朝の眉を「描く」作業です。今回はこの2つの作業を順を追って解説してみたいと思います。

ただし、今回から始まったこのHOW TOシリーズは、どれも基本に基づきながら、ガイド流のアレンジを加えたもの。みなさんもこれに改良を加えて、自分流の眉メイクを習得してください。(ちなみに、私の眉は結構長い毛がしっかり密集して生えているタイプ。「整える」だけで、なんとなく形になってしまう便利な眉です)

私のおすすめサイト:正解眉の作り方

 

まずは正しい眉バランスを確認

右の図を見てください。平均的な日本人の顔に、最もバランスが良いとされる眉を表したものです。ポイントは次の5つ。

【1】眉山(眉の一番高い部分)は、黒目の外側と目尻からそれぞれ真上に上がった縦線の間に。

【2】眉頭(眉の一番鼻よりの部分)は、小鼻の脇から目頭を通る縦線の上に。

【3】眉尻のラインは上まぶたの外側の輪郭線と平行になる角度を目安に描く。

【4】眉尻のラインは、小鼻の脇と目尻の2点を通る斜めの線上で消えるように。

【5】眉尻のポイントは、眉頭より低くならないように。

さあ、鏡を覗いてみて! あなたの眉は正しいバランスを保っていますか? チェックする際にはブラシの柄など、直線の基準となるものを顔に当てると簡単。正しいバランスが分かったら、次のページでは、あなたの眉を少しでもこのバランスに近づけるように整えていきましょう。

 

「まずは理想の眉バランスを確認」
「正しい眉バランスに整える」
「理想の眉を描く」
「眉タイプ別おすすめアイテム(毛の濃い人)」
「眉タイプ別おすすめアイテム(毛の薄い人)」

【関連記事】
「劇的! クシ付きマユハサミ」
「薄眉のススメ」
「眉と髪の色、揃っていますか?」
「All About メイクアップレッスンシリーズ」