最近では染めていない人を探すのが難しいほど、ヘアカラーリングは一般的になりました。かくいう私も一時期など一ヶ月ごとに髪の色を変えていたほどのカラーリング派。カットで髪型に変化をつけるのは(髪が伸びるのを待ったりする必要があるため)なかなか大変ですが、カラーリングなら一度にガラッと印象が変わるのが楽しいものですよね。さて、髪色を変えてサロンから戻ったとたんに毎度発生する問題が“眉色問題”。髪の色は変わったのに眉の色は地毛の色のままなので、髪と眉の色がちぐはぐになってしまう問題です。近頃はアイブロウペンシルも各色発売されつつあるのですが、あまり明るい色のペンシルで仕上げると、なんだかぺったりとした平坦眉になってしまうのも事実。サロンでのカラーリングの際に眉も一緒に染めてもらう……という方もいるようですが、毎回眉を染め直すのはちょっと面倒なうえ眉毛も傷んでしまいそうですよね。この“眉色問題”カラーリング体験者なら一度は直面したことがあるのではないでしょうか?

そんな“眉色問題”に悩むカラーリングファンにおすすめなのが、シュウ ウエムラから2001年3月1日に新発売されるアイブロー マニキュア。黒にソフトな深みを与えるディープグリーンからブロンズヘアにぴったりのゴールド系まで、必要な色ばかりが並ぶ全6色の色揃え。中でも03番のハニー グレイズと04番のパーム ベージュは、地毛にほんの少しだけニュアンスをプラスした微妙なカラーにマッチする色。03番はやや黄み、04番はやや赤みがかったダークブラウンで自然ななじみ色なのですが、どちらもこれまでありそうでなかった微妙な色なのです。

このアイブロウ マニキュアは、眉下の肌ではなく眉毛の一本一本に色をつけるため、従来のペンシルやパウダーでは出せなかった自然な立体感を眉に与えることが可能。その立体感の秘密はどうやら配合のパールにもあるようです。さらに、強すぎず弱すぎない適度なホールド力で眉毛のボリュームも思いのまま。薄眉に悩む人も眉毛はしっかり生えているという人も、どちらも同じように簡単に使うことができるのです。その上なんと、うれしいウォータープルーフタイプ。悩める私たちの“眉色問題”を解決する、頼れる救世主がついに登場したのです。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。