パートナーと力を合わせてトレーニング


いわゆる筋トレもパートナーがいれば、負荷を軽くしたりまたは逆に重くしたりとバリエーションが広がります。仲良く息を合わせてお互いの筋肉を刺激しあいましょう。

■お腹引き締めトレーニング
腹筋

トレーニングする側は、床に仰向けに寝て、パートナーのお腹にひざを伸ばして脚をかけます。その状態からお互いの手を伸ばしふれあうようお腹を絞ります。サポートする側はかけ声をかけて相手を応援しましょう。


■お腹引き締めトレーニング (下腹)
下腹

トレーニングする側は、床に仰向けに寝て両手でパートナーの足首を握ります。その後、背中が床から離れないようにしながらパートナーの手に脚が当たるまで、ひざを伸ばした状態で脚を上げます。サポートする側は両手を軽く前に出して、かけ声をかけてあげましょう。


■背中に効くトレーニング
背中

トレーニングする側は、両手と両足を伸ばした状態でうつ伏せになります。その後、左脚と右腕、右脚と左腕を交互に上げます。パートナーは相手の体がぶれないように腰を軽く押さえます。


■胸と二の腕のトレーニング
胸・二の腕

トレーニングする側は、ひざと両手のひらを床につけます。このとき両手の幅は、胸の筋肉を刺激したい時は肩幅より広く、二の腕を中心に刺激する場合には肩幅か肩幅よりやや狭めにします。サポートする側は、腕の側面を軽く支えてあげましょう。

以上、夫婦で仲良くエクササイズをすれば、きっと互いの愛情も深まるはずですよ。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。