お金のこと、難しいですよね。コロナ禍もあって、ますますお金を貯めたい、家計を守りたい、と思っている人もいるのではないでしょうか。皆さんからのちょっとした疑問にオールアバウトの専門家が回答するコーナーです。今回は、老後のお金も将来もらえる年金も少ないときの考え方を専門家が回答します。
 

Q:貯金もなく、もらえる年金も少ないと思います、今からどうしたら?

「そろそろ老後を考えなくてはいけないと思いますが、夫婦で今まで必死に生きてきて、ローンや学費など、いろんな支出があり、貯金は少なく、年金も大してもらえないと思います。どうやって老後、生きていけばいいのでしょうか」(50代・自営業)
 

A:あきらめず、今すぐ行動してみましょう

50代で年金も貯金も少ないとなると、不安だけが膨らんでいってしまいますよね。そのような場合、どのように行動していけばよいのかを考えてみましょう。

将来の年金についてですが、以前は、加入期間が25年以上なければ年金を受給することができませんでしたが、改正され、現在は10年になっています。その部分は、少し安心ですよね。

年金が少なければ、単純に増やすようにすることです。その中で今からできることは、年金の未納期間がある場合には、納めること。国民年金に加入している場合は、付加年金といって、定額の年金保険料に付加保険料の400円を上乗せして支払うというものです。年金を2年以上受け取れば、支払った付加保険料以上の年金が受け取れますよ。

厚生年金に加入できるのなら、加入することで将来、受け取る年金を増やすことができます。

もし、年金保険料の支払いが厳しくなってしまったときには、決して未納のままにしないでください。年金事務所へ出向いて、支払いの相談をしてみましょう。収入が少なければ将来受け取る年金は減りますが、保険料そのものを減額してもらえる可能性もあります。

また、金銭的に余裕があるなら、iDeCo(確定拠出年金)に加入するのも手です。
iDeCoには3つのメリットがあります。

【1】掛金が全額所得控除になる
【2】運用益も非課税で再投資することができる
【3】受取時には一括や分割等が選べ、受取時の方法に応じて控除が受けられる

ただし、原則60歳まで引き出すことができませんし、運用は自分自身がするため元本割れをするかもしれません。その他に各種手数料がかかります。銀行の窓口で申し込めますので、店頭で資料を入手してみましょう。

預貯金が少ないことについては、毎月、夫婦で少額でもよいので、積立等を開始して、少しでも預貯金を増やすようにしていきましょう。もし毎月1万円貯めることができれば、1年で12万円。10年で120万円貯まります。

あきらめていては何も始まりません。今すぐ行動してみましょう。


※専門家に質問がある人はコメント欄に書き込みをお願いします。

【関連記事をチェック!】
老後、無職でも、赤字生活に転落しない方法とは
家賃に水道代・ネット代が含まれている物件って節約に役立ちますか?
ステイホーム時代に、お金持ちになる意味って?

【抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント】All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/11/1~2021/11/30まで

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。