話題のスイーツ「マリトッツォ」をでっかく再現!

All About

巷で話題の「マリトッツォ」は、元々はイタリアのローマ発祥のドルチェとのことです。日本では、コンビニ各社からじわじわ広がり、最近ではスーパーやパティスリーも、独自色を出したマリトッツォを出しているようです。

今回は、家族で心おきなくマリトッツォが楽しめるよう、大きく再現してみました。炊飯器で大きなブリオッシュを焼いて、マスカルポーネ入りの生クリームをたっぷり挟んで、お好みでフルーツを飾りつけたら、神々しいほど大きなマリトッツォの完成です。

 

マリトッツォの材料(5合炊き炊飯器用)

<ブリオッシュ生地>
強力粉:210g
薄力粉:40g
砂糖:大さじ3
塩:小さじ1
インスタントドライイースト:小さじ1.5
牛乳:110g
無塩バター:40g
卵:1個

<マスカルポーネ入りホイップクリーム>
生クリーム:200㏄
砂糖:大さじ2
マスカルポーネチーズ:100g
ラム酒:小さじ1/2 (省略可)

<その他>
好みのフルーツ:適量
強力粉、打ち粉:少々
油(内釜用):少々
粉砂糖:少々

フルーツは今回、バナナとキウイと苺を使いました。季節のフルーツや缶詰フルーツなど、好みのものを用意してください。

※小さめサイズの炊飯器ブリオッシュのレシピはこちら >
 

マリトッツォの作り方・手順

5号炊きの炊飯器でブリオッシュを焼くところからスタートです。

気温等によって、発酵にかかる時間が違ってきます。 時間にばかりとらわれないで、パン生地を目で見て判断して2~2.5倍の大きさに膨らませてください。発酵機能がついている炊飯器であれば、その点楽です。

1. 牛乳を電子レンジで温めてバターを溶かし、卵を混ぜる
All About
耐熱容器に牛乳を入れて煮立たない程度に温めて取り出し、バターを入れて溶かして、40℃ぐらいまで冷ます。卵を割り入れて混ぜる。

2. 大きなボールに粉類を入れてグルグル混ぜる
All About
大きなボールに、強力粉、薄力粉、砂糖、塩、ドライイーストを入れ、泡だて器でグルグル混ぜる。

3.(2)に(1)を加えて混ぜる
All About
(2)に(1)を少しずつ注ぎ入れながら箸で混ぜ、粉全体に水分をいきわたらせる。

※バニラエッセンスと、すりおろしたレモンの皮を加えてもよい。

4. こねる
All About
5分ほど、生地をこねたり叩きつけたりして、滑らかになったら丸くまとめる。

5. 釜肌を油をつけたペーパーでふき、中央にパン生地を置く
All About
内釜の釜肌を、油をつけたペーパーで拭いて、中央に丸めた生地を置き、ラップを水で濡らして(濡らした面を下にして)おおう。

(一次発酵)
炊飯器にセットし、保温スイッチを入れて10分→切って30分→保温10分→切って10分を目安に2~2.5倍の大きさに膨らませる。

※発酵機能利用の場合は30℃で1時間

6. ガス抜きして丸めなおして、二次発酵へ
All About
強力粉をつけたグーで押してガス抜きして丸め直す。閉じ面を上にして置き、水をつけたラップをかぶせる。

(二次発酵)
保温スイッチを入れて10分→切って20分、膨らみ方が少し足りないなと感じたら10分ほど釜の中で放置して、2~2.5 倍の大きさに膨らませる。
 
※発酵機能利用の場合は30℃で30分

7. 炊く
All About
ラップを外し、霧吹きして普通に炊く。

8. ケーキクーラーで冷ます
All About
焼きあがったら、ケーキクーラーの上に取り出して冷ます。

9. 生クリームと砂糖を八分立てにし、マスカルポーネを混ぜる
All About
続いてはクリーム作り。氷水の上にボールを重ね、生クリームと砂糖を入れて泡だて器で八分立てにし、マスカルポーネとラム酒を加えてホイップし、しっかりとしたクリームにする。ラム酒はお好みで。

10. フルーツを用意して仕上げ
All About
完全に冷めたパンに斜めに切り込みを入れ(切り落とさない)、奥にバナナを入れて、クリームを詰めやすくする。

※表面に飾る予定のフルーツの切れ端を挟んでも良い

11. クリームを詰めて、パレットナイフで表面をきれいにする
All About
表面を丁寧に整える。

12. フルーツを飾りつけ、粉糖をかけて完成
All About
お好みのフルーツをスライスし、クリームの表面に飾りつける。茶こしで粉砂糖をふりかける。

13. 断面
All About
切ったのは、冷蔵庫で一晩冷やした翌日のマリトッツォ。
 

応用編

お好みでカスタードクリームを追加したり、飾りつけるフルーツをアレンジして楽しめます。
All About

【応用編1】カスタードクリームを奥に、手前にホイップクリームを挟んで、苺をトッピング

All About

【応用編1】のカスタードクリームアレンジ断面。奥から、バナナ、カスタードクリーム、苺、ホイップクリーム

All About

【応用編2】シンプルに仕上げても

All About

フルーツをあしらうと一気に華やぐ。アレンジも自由自在

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。