米麹といえば甘酒の流行を懐かしく感じる方もいるのではないでしょうか。「飲む点滴」といわれ人気を集めた甘酒に代わって注目されているのが発酵あんこです。日本人には馴染み深い発酵食品はもともと腸活によいといわれていますが、その他にも温活作用美容効果が注目されています。ここでは発酵あんこのメリットや活用法などについて紹介していきます。
 

発酵あんこはなぜ人気? ダイエットに役立つといわれる理由

SNSなどで話題の「発酵あんこ」

SNSなどで話題の「発酵あんこ」

もともと発酵食品は昔から多くの方に愛されています。日本でおなじみの納豆や、ヨーグルト、キムチなども発酵食品で、菌を使って食品を発酵させて旨味を引き出して作られているのです。特に「腸活」という言葉が聞かれるようになってからは発酵食品人気が絶えず、日々の健康管理にとり入れている方が多くいます。

発酵あんこも麹菌の力で腸活などに効果が期待できるのかもしれませんが、科学的な根拠などはまだわかりませんので明言は避けておきますね。ですが、市販のあんこは多くの砂糖を使って作られており、発酵あんこは砂糖を使わないのでカロリーダウンができることは明らかです。また、刺激の弱い優しい甘さなので、甘すぎるあんこが苦手な方にもおすすめです。

発酵食品は腸の働きを助けるといわれていますが、小豆自体そもそも食物繊維が豊富な食品なのです。食物繊維には便通を整える作用があり、野菜不足の現代人は摂取量が少ないことが問題視されています。普段の食事から食物繊維を摂るよう意識するのはもちろんのこと、おやつの時間に発酵あんこを摂ることで自然に摂取量アップが期待できるでしょう。

ダイエット効果があるのかどうかは他の食事のとり方やあんこを食べる量などにもよって違うのではっきりとはいえません。しかし、「カロリーの高いケーキを発酵あんこに代える」など食べ方を比較した場合はカロリーダウンができますので、とり方次第ではダイエットに役立つということはできるでしょう。
 

カロリー控えめのダイエット中おやつに最適! 発酵あんこの楽しみ方

発酵あんこの食べ方

定番は小倉トースト

SNSを見ると皆さんいろいろなアレンジを楽しまれているようです。なかでも一番多いのは小倉トーストでした。焼いたトーストに発酵あんことバターを乗せて作ります。これなら忙しい朝の時間でも用意できそうですよね。バタバタするなかでパッと食事を済ませたいときに重宝するレシピです。

その他、ぼた餅やお汁粉など普通のあんこの使い方と同じように使うことができます。クッキーやケーキなどの生地に混ぜ込めば砂糖の量を減らすことができるので、カロリーを抑えたおやつ作りにも活用できるでしょう。
 

実はおうちでも作れるって知ってた? 発酵あんこの作り方 

ボウルに入った小豆

小豆の甘味を引き出す発酵あんこ

発酵あんこは小豆と米麹を用意すれば作ることができます。まずは小豆を茹でてアクを除き、柔らかくしてから水を切って炊飯器に入れます。そこにほぐした米麹を加え、全体を混ぜて水を入れ、濡らした布巾を蓋がわりにして9時間ほど保温すると完成です。仕上げに少量の塩を加えて味を引き締めます。

時間がかかるのは確かですが、混ぜたり布巾を濡らし直したりする手間が必要なだけでそれほど大変なものではありません。ゆっくりと料理と向き合いたい方はすごく楽しめる料理だと思います。作るときのポイントは温度で、小豆を茹でてから熱を取るのですが、このとき60℃以下にするとよいそうです。温度が高すぎると麹菌が活性化しないので、粗熱を取るときに温度計で測ってから炊飯器で保温してくださいね。

2021年の食トレンドとして注目度の高い発酵あんこ。今年はいろいろな場面で見かける機会が増えることでしょう。発酵あんこはゆっくり時間をかければ自分でも作れますので、自宅で過ごす時間が増えて「なにか手仕事をしたい」という方には特におすすめです。自分の身体や健康のこと、そして時間の過ごし方を見直すよいきっかけになるかもしれません。気になる方はぜひ作ってみてくださいね。
 

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。