足首が太くなるのはなぜ? 足首をキュッと引き締めたいのなら……

足首をキュッと引き締めたいのなら・・・

足首をキュッと引き締めたいのなら……

筆者は下半身痩せを専門に運動指導していますが、短期間で足首を引き締めたいのなら「足首をたくさん動かしましょう!」とアドバイスをします。なぜなら、足首まわりがボテッとしてしまうのは、足首を動かさないことによる「血行不良」が原因だからです。血行が悪くなった結果、足首まわりに脂肪がうっすらのってしまうのです。

寒い時期だと身体を動かす機会も減ります。それに加え、今は在宅ワークが主流になっていますから、ますます運動不足になりがちです。今回ご紹介する足首痩せストレッチは、自宅で簡単にできる内容なので、ぜひ一緒にやってみましょう!
 

【1分でOK】お家で簡単に実践できる! 足首痩せストレッチ

今回ご紹介する「足首痩せストレッチ」は、特に硬くなりやすいポイントを伸ばすので、ちょっとキツく感じるかもしれません。ですが、ストレッチが終わった後には、血流が良くなった感覚を得られるので、ぜひ実践してみてください。

1. クラウチングスタートの姿勢から、足を前後に大きく広げる
1. クラウチングスタートの姿勢から、足を前後に大きく広げます。

陸上競技などで行うクラウチングスタートの姿勢から、足を前後に大きく広げる

ヨガマットなどの上に、陸上競技の短距離種目などで用いるクラウチングスタートの姿勢を作ります。その状態で足を前後に大きく広げましょう。

2. 体を後ろに引いていく(もも裏に張りを感じるまで)2. 身体を後ろに引いていく。

クラウチングスタートの姿勢から、体を後ろに引いていく

クラウチングスタートの姿勢から体を後ろに引いてもも裏を伸ばします。このとき、前足のつま先は上げておきましょう。また、アゴを引いて行うとさらに効果がUPします!

3. つま先を上下に動かす3. つま先を前後に動かす。

つま先を上下に動かす

つま先を上に向けていた状態から、床に触れるまで上下に動かしましょう。

4. この動作を30秒間繰り返す(反対側も同じように繰り返す)
3. つま先を前後に動かす。

両足30秒間ずつこの動作を繰り返す

つま先の上下運動を30秒間繰り返します。片足が終わったら、反対の足も同じようにストレッチしましょう。
 

下半身が太くなるすべての原因は「血行不良」!

足首痩せに限らず、下半身が太くなる原因のほとんどは「血行不良」です。血流がうまく巡っていれば、脂肪も代謝され締まった身体を維持できるでしょう。血行をよくするには、常日頃から身体を動かすことが大切です。

過去の記事では、身体を動かすためのヒントをたくさん載せていますので、併せてお読みください。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。