ふくらはぎのむくみを解消するポイントは「足首」にあった!

ふくらはぎのむくみ解消!ポイントは「足首」

ふくらはぎのむくみ解消! ポイントは「足首」

むくみの原因のひとつが「血行不良」。むくみ解消には血行改善がなにより大事です。血行改善をしたいなら筋肉を動かすとよいでしょう! なぜなら、血液は筋肉の伸び縮みによって身体中を巡っているからです(これを「ミルキングアクション」といいます)。そして、筋肉というのは必ず関節をまたいで付いています。なので、血行改善してむくみを解消したいのなら、関節をたくさん動かすことが効率アップのカギ!

ふくらはぎの筋肉は「足首」をまたいで付いています。ですから、ふくらはぎストレッチでは、足首の動きを意識しながら行うと、より効果的なむくみ解消ストレッチができます。
 

つま先を意識するだけでOK! むくみ解消ストレッチ4選

つま先を意識するだけでOK! むくみ解消ストレッチのご紹介

つま先を意識するだけでOK! むくみ解消ストレッチのご紹介

足首」の動きを意識することが、ふくらはぎのむくみ解消につながります。足首はつま先の方向と連動して動くので、つま先を様々な向きに変えるだけで、まんべんなくストレッチすることができます。早速、むくみ解消ストレッチをしてみましょう!

(※画像では、ストレッチポールハーフカットを使用していますが、階段の段差や厚みのある本でも代用可能です。)

■ むくみ解消ストレッチ1:つま先正面向き
・ストレッチ箇所:ふくらはぎ全体
・キープ時間:30秒(左右1セットずつ)
つま先を正面に向けてストレッチ

つま先を正面に向けてストレッチ

つま先を正面に向けることで、ふくらはぎ全体をストレッチできます。

■ むくみ解消ストレッチ2:つま先外向き
・ストレッチ箇所:ふくらはぎの内側
・キープ時間:30秒(左右1セットずつ)
つま先を外向きにしてストレッチ

つま先を外向きにしてストレッチ

つま先を外向きに向けて伸ばすと、ふくらはぎの内側にストレッチ効果があります。

■ むくみ解消ストレッチ3:つま先内向き
・ストレッチ箇所:ふくらはぎの外側
・キープ時間:30秒(左右1セットずつ)
つま先を内向きにしてストレッチ

つま先を内向きにしてストレッチ

つま先を内向きに向けて伸ばすと、ふくらはぎの外側にストレッチ効果があります。

■ むくみ解消ストレッチ4:つま先下向き
・ストレッチ箇所:すねの筋肉
・キープ時間:30秒(左右1セットずつ)
つま先を下向きにしてストレッチ

つま先を下向きにしてストレッチ

つま先を下向きにしてかかとを立てるように伸ばすと、すねの筋肉がストレッチできます。
 

「むくみ解消」の理屈を知って、ストレッチをより効果的に!

むくみ解消には関節を積極的に動かすことが大事! この理屈を知っていれば無駄な運動をしなくて済むので効率が良くなります。これからの長い人生において、ずっと付き合っていくのが身体です。そんな身近な存在である身体の構造を理解しておくと、様々なメリットが得られます。

私の記事では、根本原因を解決するための情報を発信しているので、ぜひ他の記事と併せてお読みください。


■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。