生理前にイライラが止められない……ケンカが増えるのは仕方がない?

生理前にイライラ・ケンカが増える理由は?相手を怒る前にしたいこと

生理前にイライラして、パートナーとのケンカが増えてしまう……

イライラしてつい人や物にあたってしまったり、他人のことを悪く言ってしまったりする……。カウンセリングで女性の方からこうした相談を受けた場合、私はそのイライラが生じる時期をお尋ねしています。生理前に起こる場合、「PMS(月経前症候群)」によるものである可能性があるからです。
 
PMSは、生理前に女性ホルモンのバランスが変化することによって生じる不調。頭痛や胸の張り、むくみ、イライラやあせり、憂鬱感などの心身の変化が特徴です。月経が始まれば軽快していきますので、生理前には無理をしないことが大切です。
 
ですが、この生理前の時期に仕事や家事、人間関係の問題などのストレスが重なることで普段よりもイライラし、身近にいるパートナーにあたってしまうという方は少なくありません。今回は、パートナーとの良好な関係を維持するための生理前(PMS期)の怒りのコントロール方法についてお伝えしたいと思います。
 

生理前の不調に無理解すぎる! パートナーにイライラする原因

カウンセリングでよく伺うのは、生理前の不調に対するパートナーの心ない言動に対する苛立ちです。

■理解のない一言にイライラ
気分が優れずに休んでいるのに、「ずっと寝ていたら体に悪いよ」「運動して発散した方がいいんじゃない?」などとパートナーが余計なアドバイスをするケース。心身共に余裕がないのにこうした無責任な言葉をかけられることで、「女性の体のことを何もわかってない」と心底がっかりし、怒りをぶつける方は少なくありません。

■つらさを労わってくれない態度にイライラ
体がつらいのに家事のサポートをしてくれず、炊事、洗濯、掃除をほぼ一人でやらなければならないというケース。またパートナーが「生理前には妊娠しにくい」ということだけは知っていて、性欲を一方的に押しつけてくるケース。こうした言動に対して思いやりを感じられず、怒りをぶつけているという声もあります。

パートナーに上のような態度をとられたら、イライラするのも無理はありません。本来は男性側が女性の体調を理解して大事に扱うことが必要なのですが、残念ながら、女性が思うようには理解してもらえていないことが多いものです。とはいえ、怒りの感情に取り巻かれて不快な気持ちを抱えたり、ケンカばかりで関係性を悪化させたりしないためにも、怒りのコントロール方法を覚えておきたいものです。
 

生理前の怒りのコントロール方法……カップル・夫婦の場合

たとえ、パートナーの言動がイライラのトリガーであるとしても、怒りの感情をそのままぶつけるだけでは、関係性が悪くなるばかりで自分にも相手にもメリットはありません。したがって、普段から怒りのコントロール方法を覚えておくことが肝心です。
 
1. イライラしたら自分を抱きしめ、深呼吸する
体調が悪いときには、ちょっとしたことにもイライラしがちになります。そうしたときには、自分の両手で自分自身を抱きしめ、目を閉じて2~3回深呼吸してみましょう。自分を優しくいたわると、気持ちが少し落ち着くと思います。
 
2. 感情を即座にぶつけず、いったんその場を離れる
相手の態度にカチンときたときに、即座に怒りをぶつけてしまうと「なんであんなこと言ってしまったんだろう」と後悔することに……。この繰り返しを避けるためには、怒りをぶつける前にワンクッション置くことです。怒りが高まったらトイレに入る、外の空気を吸いに行く。その場からいったん離れると、気分を上手に転換することができます。
 
3. 怒りが収まったところで、3つのメッセージを伝える
自分の思いを伝えるのは、怒りが鎮まり冷静になってからにしましょう。その際には「(1)自分の状態」「(2)しないでほしいこと」「(3)希望すること」の3つのメッセージを入れると、相手に伝わりやすくなります。
 
たとえば、「(1)生理前はとても疲れやすいの。(2)だから『ダラダラしないで』と言わないで。(3)できるだけ体を休めていたいの」「(1)PMSの時期には体がつらいの。(2)だから、家事が中途半端でも許してね。(3)それより手伝ってくれると助かるわ」。このように3つのメッセージをしっかり伝えると、パートナーは相手が何に困り、どうしてほしいのかを理解でき、希望を受け入れやすくなると思います。
 
4. パートナーの「してくれたこと」に感謝する
相手が「気づいてくれない」「サポートしてくれない」というように、「してくれない」ことにばかり目を向けていると、イライラが募りやすくなります。数は少なくても、妻のために「してくれたこと」も何かしらあるはずです。

「(“ようやく”ではあっても)気持ちを分かってくれた」「(出来栄えはいまいちでも)家事を手伝ってくれた」など、相手が自分のことを思ってしてくれたことに目を向け、「うれしい」「助かる」という感謝の言葉を伝えていきましょう。すると、パートナーには労わりの気持ちが生まれやすくなります。
 

イライラしたときには、怒りのコントロール方法を実践

ついイライラをぶつけてしまう人は、「相手に感情をぶつける」という行動がパターン化しているのかもしれません。その場合、ぜひ上記の4つの怒りのコントロール方法を思いだしてみてください。
 
イライラという感情の発生を防御するのは困難です。しかし、感情をそのままぶつけないように行動をコントロールすることはできます。生理前のイライラと上手に付き合うためにも、ぜひ上記4つの怒りのコントロール方法を実践してみてください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項