わけぎ(分葱)を使ったぬたの作り方・簡単レシピ

所要時間:15分

カテゴリー:サブのおかずぬた

 

わけぎ(分葱)の栄養パワー

ねぎによく似ているけれど、ねぎとは別種のわけぎ(分葱)。ねぎより柔らかく甘みのあるわけぎを丸ごと使って、酢味噌を和えた、さっぱりとしたぬたを作りました。

わけぎは、ねぎとたまねぎの雑種と言われていますが、ねぎより細く、緑色の葉の部分が多い緑黄色野菜のひとつです。ねぎのような独特な辛みや臭みが少なく、甘みが強く、繊維質が柔らかいです。緑色の葉の部分にカロテンを多く含み、鉄、カリウム、ビタミンCを多く含んでいます。ねぎとよく似た効能を持ち、疲労回復や食欲増進の効果があることが分かっています。

■関連記事

わけぎ(分葱)を使ったぬたの材料(2人分

ぬたの材料
わけぎ 6~8本
大さじ2
味噌 大さじ1
砂糖 大さじ1
からし 小さじ1/2

わけぎ(分葱)を使ったぬたの作り方・手順

わけぎ(分葱)を使ったぬた

1:

葉と茎を分け、茎は縦半分に切ります。葉、茎をそれぞれ5cmくらいの長さに切ります。

2:

小鍋に湯を沸騰させ、わけぎをサッと、2分ほどゆでます。ゆであがったらザルにあげて、水気を切って冷まします。

3:

ボールに酢と味噌を混ぜ合わせ、混ざったらさらに砂糖・からしを加えて、よく混ぜ合わせます。

4:

水気をよく切ったわけぎを、食べる直前に3の酢味噌に加え、よく和えます。器に盛り付けてできあがりです。

ガイドのワンポイントアドバイス

わけぎを縦半分に切っていますが、これはゆでたとき、均等に火が通るようにするためです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。