レディッチ本体

「LEDitch(レディッチ)」はマットブラックにブロンズのラインをあしらった、ホーム用としては洗練されたデザイン


物心ついたときから「人の手できれいになる」ことしか考えず、果ては「エステ・スパ」の専門家を名乗りだしたワタクシですが、実は最近、セルフケアにハマってしまいました。

きっかけはもちろん、全国に轟いた「自粛要請」。

行きたいエステサロンは軒並み休業、パーソナルトレーニングジムもお休みに。もうどこをどう探しても、通えるところがなくなってしまったんです。

このままコロナ太りした挙句、お肌まで荒れたオバサンになるしかないのか……とアタフタしていたら、以前、「腕もルックスもいいイケメン」として紹介したこともある『エベッラ』のエステティシャン清水たくま氏が「これ、使ってみてください!」とホームケア美容機器を教えてくれました!

それが、今回紹介する「LEDitch(レディッチ)」です。
   

世界初&最新型。Made in JAPANのLED美容器「LEDitch」

LED光を採用した美顔器は無数といっていいほど世にありますが、「LEDitch(レディッチ)」はまるで別物。使用中の手ごたえ、直後の実感、翌朝の肌の色ツヤ、さらに、それ以降の肌のキメやムダ毛の状態などすべてが違うのです。

選べるモードは「脱毛」と「美肌」の2種類。750mm(赤色の光・皮膚浅層に働きかける)と940mm(近赤外線・皮膚深層に働きかける)の脱毛&美肌に効果的な2種類の波長域を同時に出力するという、世界で初めての「LED-DLP(デュアル レングス パルス)」機能が搭載されています。

照射面には66個のLEDが付属。それらが1秒間に20回、肌に効果的な波長の光のみを出すことで、ハイパワーでありながら肌にやさしいケアを実現できるんです。

 

威力はプロ以上⁉ 長年の悩みだった「首の横ジワ」が激減!

美肌ケア

専用ゴーグルをかければ眩しさも無く。首のシワだけでなくデコルテから顔まで均一トーンの美肌に!


使い方は超簡単! スイッチひとつでオン&オフ、モードを選んだら狙ったパーツにあてるだけ。どちらのモードも「じわじわ温かい」感触で、痛くて辛いようなものは何もありません。

美容クリニックに通ったことのある方ならきっと分かってもらえると思いますが、肌の奥に伝わる熱の感覚が、美容クリニックのマシンを受けたときのような手ごたえに近くて、使っているだけでワクワクします。

これはすごい……そう思ったのは、初回使った直後に首の横ジワが激減したとき。シワの深いところに脱毛モードで光をあてた後、首全体を美肌モードで程よくあたためたのですが、数分で驚くほどシワが目立たなくなったんです。首の皮膚全体がツヤが出て、美肌レベルも大幅アップしました。

それ以来、暇さえあれば顔にも体にも照射するように。ニキビケアにも良い波長なので、できかけのニキビにもしつこくあて続けてやり過ごしています。私自身、毎日つけているマスクで、ニキビなどの肌荒れもひどくなっていました……。

 

脱毛モードは毛の色、肌色を問わない最新の「蓄熱式」

脱毛モード

毛根ではなく発毛の司令塔「バルジ領域」にアプローチするから毛の色や太さに関係なく脱毛可


脱毛モードのいいところは、光エステのようにランプ交換などの追加費用が発生しないこと。おかげで顔にも体にも思う存分使いたい放題です。保護ゴーグルもついているので、光の眩しさも気にせずあてられます。もちろん、光エステのような「ゴムで弾かれたような」痛みも皆無。

蓄熱式という肌や毛の色に関係なく効果を発揮する技術を採用しているため、日焼けの有無やうぶ毛、しらがなど、毛や肌の色に関係なく脱毛できるところも今風なんですよね。

もちろん、クリニックでの脱毛のように1度の照射でいきなり毛が激減することはありえません。あくまでも「徐々に」ですが、減ります。

今のように外出しにくい時期やサロンに行くのが面倒という人、デリケートゾーンを他人に見せることが抵抗ある人には最適なマシンと言えるでしょう。

私の場合は、サロンでVIO脱毛をほぼ終え、うぶ毛だけが残っている状態だったのでデリケートゾーンに集中照射。すると、うぶ毛が減るばかりか、毛が無いことで目についていた肌のたるみがどんどんなくなっていきました。

波長自体に美白効果はないはずなのですが、温まったことでくすみが取れ、色まで薄く見えるのはうれしい誤算。今年は例年にも増してデザインを選ばず水着が着れそうです。

 

唯一のウィークポイントは?

コード式

ハンディタイプのホームケア美容器としては珍しく充電式ではなくコードあり。でもそれもパワフルな美容効果を維持するために必要なんだそう


いいことづくめの「LEDitch」にも唯一のウィークポイントがあります。それは、長時間の連続使用がきかないこと。

空冷機能はついているのですが、パワーが強いので、特に脱毛モードだと短時間で一度停止してしまうんです。少し待てばまた使えるようにはなるのですが、ちょっとだけまだるっこしい! これさえ解決してくれれば、ホームケア用美容器の頂上を取ること間違いなしだと思います。

本体の色はマットブラックに艶やかなブロンズライン、手にしっかり馴染む曲線デザインもカッコいい。これなら男性の家で見つけてもひきませんね!

徐々に世間が通常モードに戻りつつある今日この頃、サロンやクリニックにも出かけられるようになりました。でも困ったことに、「LEDitch」のおかげで、ちょっと腰が重たくなっている私がいます。エステ好きの私ですらそうなのですから、おうちケア派の方は、ぜひ試してみてくださいね。
 

DATA
クールプロジェクト┃LEDitch(レディッチ)

本体サイズ:約230×69×85mm
重量:約242g
本体材質:ABS
電源方式:交流式
定格電圧:AC100-240V 50/60Hz
消費電力:100W(モード2)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。