年金を繰り下げ受給すると年金額はいくら増える?

年金の繰り下げ受給とは、老齢年金を65歳で請求せずに66歳以降70歳までの間で申し出た時から請求することです。老齢基礎年金と老齢厚生年金は別に繰り下げることができます。繰り下げ受給の請求をした時点に応じて、8.4%(66歳繰り下げ時)から42%(70歳繰り下げ時)年金額が増額されます。
繰り下げは1ヶ月で0.5%増額。

老齢基礎年金が70万円なら66歳0カ月から受け取りは75万8800円、70歳受け取りなら99万4000円に増額になります。

 
ただし、例えば、「65歳何カ月かで繰り下げ」はできないので、66歳になるまで全額の年金受け取りは我慢しなければなりません。
 

家族持ちの年金受給権者は、繰り下げ受給に注意したい

年金繰り下げを1年行うと、8.4%年金額は増額します。例えば、老齢厚生年金を65歳から100万円、老齢基礎年金を70万円もらう人が、老齢厚生年金を66歳0カ月で繰り下げして受けた場合108万4000円に増額します。併せて老齢基礎年金を1年繰り下げると75万8800円になります。
 
65歳から加給年金をもらう要件を満たした人(厚生年金20年以上、配偶者が年下で20年未満の厚生年金など)が老齢厚生年金を1年間繰り下げした場合は、66歳までの1年間39万100円の加給年金を受けることができなくなります。これは増額分8万4000円よりずっと多い額です。また、振替加算をもらう要件を満たした人(本人は厚生年金20年未満、配偶者が厚生年金20年以上など)が老齢基礎年金を繰り下げすると、振替加算は、66歳までの間受けることができなくなります。
 
振替加算

大正15年4月2日から昭和41年4月1日生まれまでの厚生年金20年以上の会社員の配偶者には振替加算がつきます。

 
例えば、昭和29年4月2日生まれの人だと、65歳からの1年間は、振替加算額年額5万6748円がもらえなくなります。
 

繰り下げ受給をしても老齢年金があまり増えない人

在職老齢年金で止まっている年金額は繰り下げ受給で増額させることができません。だから65歳になってからも給与が高い人は老齢厚生年金を繰り下げしても増額にならないのです。65歳以降は給与と年金月額が合計で47万円(平成31年度価格)超えると老齢厚生年金が減額されます。
 
従って、65歳過ぎて50万円の給与をもらっていると、例え、年額100万円(年金月額約8万3000円)の老齢厚生年金の権利があっても、老齢基礎年金しかもらえず、老齢厚生年金は全額支給停止となります。しかも「もらっていない老齢厚生年金」は繰り下げで増額させることはできないのです。
 

繰り下げ受給できない人

ちなみに遺族年金や障害年金など他の年金をもらっている(権利がある)人や、老齢年金を既にもらっている人は繰り下げ受給することはできません。
 

繰り下げ受給でお得に老齢年金をもらうには?

これまでのをまとめてみましょう。繰り下げを検討する場合の注意事項です。
 
1.20年以上会社員だった人で、家族持ちの人は、老齢厚生年金を繰り下げると加給年金がもらえない期間があるため、老齢基礎年金だけを繰り下げる。
 
2.配偶者が20年以上会社員だった人は、老齢基礎年金を繰り下げると、その間振替加算がもらえないので、老齢厚生年金だけを繰り下げる。
 
3.65歳過ぎて働く場合は、可能なら厚生年金に入らない働き方をする。
 
4.65歳過ぎに厚生年金に入るなら、年金月額と給与が47万円を超えないように調整する。

 
このようなことに気をつけていけば、繰り下げ受給をお得にすることができそうです。ただし「繰り下げは特に長生きするほど得」なので、自分が短命だと思う人は繰り下げしない方がいいでしょう。
 
【関連記事】
年金の受給開始、一番お得なのはいつ?
年金と失業保険を両方受け取る「裏ワザ」とは
加給年金とは?もらえる条件と年金額
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。