さば缶と乾麺で作る、山形の郷土料理 ひっぱりうどん

所要時間:10分

カテゴリー:ご飯・麺・粉物うどん

 

心も体もお財布もあったまるお鍋

山形の郷土料理「ひっぱりうどん」とは、家族や仲間と、うどんを茹でた鍋を囲み、各自が箸で熱々のうどんをすくっては、納豆とさばの缶詰のタレをからめて食べる、簡単で素朴で安上がりな家庭料理です。

名前の由来は、うどんを鍋からひっぱり上げるからとか、うどんを皆でひっぱり合うからとか、納豆が糸を引くからとかの諸説あるようです。

うどんは乾麺で、タレは納豆が必須で、あとはさば缶でも、ツナ缶でも、鮭缶でも良く、他に削り節、ねぎ、ゴマ、刻み海苔、七味唐辛子などを用意します。味付けは醤油か麺つゆで、納豆の添付タレを利用してもいいです。
 

ひっぱりうどんの材料(2人分

主材料
うどん 乾麺 2人分
さば水煮缶 1缶
納豆 2パック
鰹節 削り節 適量
ねぎ 15cm
きざみ海苔 適量
七味唐辛子 少々
醤油 又は麺つゆ 適量

ひっぱりうどんの作り方・手順

ひっぱりうどんを作る

1:タレの材料を用意する

タレの材料を用意する
鰹節、長ねぎ、さば缶、納豆、刻み海苔、七味唐辛子、醤油か麺つゆを用意する。
 

2:小丼に入れる

小丼に入れる
銘々皿(小丼)に納豆、刻みねぎ、さば缶、刻み海苔、削り節、七味唐辛子を入れる。

3:醤油か麺つゆで味付ける

醤油か麺つゆで味付ける
醤油か麺つゆを少量加えて混ぜる。 栄養があるさば缶の汁は、捨てずに混ぜて食べましょう。

4:うどんを茹でる

うどんを茹でる
大きめの鍋に、たっぷりの湯を沸かして、うどんを茹でる。
 

5:熱々のうどんをひっぱる

熱々のうどんをひっぱる
茹で上がったら、鍋ごと食卓に運び、熱々のうどんをひっぱる(箸ですくい取る)。 カセットコンロの上で茹でながら食べても、鍋だけを食卓にのせて食べても良しです(1~2人分ならこの方法が楽かも)。

6:タレにからめて食べる

タレにからめて食べる
タレにからめて食べる。

ガイドのワンポイントアドバイス

湯が少ないとしょっぱくなってしまうので、大きめの鍋にたっぷりの湯を沸かして茹でましょう。そして、麺を茹でてる間に、つけダレの用意をすれば、麺のゆで時間=調理時間(10分程度)になります。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。