運動会の髪型にはポニーテールがおすすめ!ゴムだけで簡単

ミディアムからロングまで、さらに子供から大人まで使える万能ポニーテール。どうしてもトップの高さがうまく出ない、とお悩みの方のために、ひと技効きかせたアレンジをご紹介します。

ピンを使わず、ゴムだけで仕上げるこなれポニーテールは、簡単かつ崩れにくいので、 秋の運動会に参加するママや、高校生の体育祭のヘアアレンジとしてもおすすめ! 最後にハチマキを巻いたバージョンもありますので、ぜひトライしてみてくださいね。
 
運動会(体育祭)の髪型・ミディアムポニーテール

hair&make KAORI(anti)

 
【INDEX】  

ヘアアレンジに必要な道具・あると便利なもの

ポニーテールアレンジに必要なものはこちら

ポニーテールアレンジに必要なものはこちら

ヘアアレンジを始める前に、まずはこれらの道具を準備しましょう。

■必ず準備する道具
・ヘアゴム (シリコンゴムなら4本。しっかり目のゴムなら3本)
・ワックス(真ん中からやや固めがおすすめ)
・ヘアアイロン(26ミリ程度)

■あると便利なもの
・仮留め用のヘアクリップ1、2本
・オイル (乾燥しやすい方のみ)
 

ベースのヘアアレンジ・土台の作り方

トップの髪をざっくり分けとる

トップの髪をざっくり分けとる

1. まずはトップの髪をざっくり分けとり、仮留めをします。ここがトップのボリュームになります。
 
サイドの髪を手ぐしで分けとる

サイドの髪を手ぐしで分けとる

2. サイドの髪を分けとります。分け目は、耳の後ろくらいを目安に。手ぐしでざっくり取り、曲がってもOKです。
 
根元から髪をかきあげる

根元から髪をかきあげる

3. 手ぐしで根元からしっかりかき上げます。
 
バックの髪をひとつに結ぶ

バックの髪をひとつに結ぶ

4. バックの髪をポニーテールにします。ここが土台になるので、緩まないようにしっかりと。シリコンゴムの場合は、2本使ってしっかりきつめに結びましょう。髪の量が多い方は、やや太めのゴムを使ってくださいね!
 

ポニーテールの作り方・ヘアアレンジのやり方

サイドの髪を2回転ほどねじる

サイドの髪を2回転ほどねじる

5. 残しておいたサイドの髪を、後ろに向かって2回転ほどねじります。
 
ゴムの近くで仮留めする

ゴムの近くで仮留めする

6. ゴムの近くで仮留めします。クリップがない場合は、そのまま片手で持ちましょう。
 
毛束が緩まないようにしっかり握る

毛束が緩まないようにしっかり握る

7.  反対側も同様にねじり、緩まないようにしっかり握ります。
 
ポニーテールの根元に重ねてゴムで結ぶ

ポニーテールの根元に重ねてゴムで結ぶ

8. ポニーテールと一緒に合わせます。ポニーテールの根元に重ねて、ゴムで結んでおきます。
 
トップの髪を上からかぶせる

トップの髪を上からかぶせる

9. トップの仮留めを外し、ざっくり上からかぶせます。
 
重ねてひとつに結ぶ

重ねてひとつに結ぶ

10. ポニーテールに重ねて、ひとつに結んだらポニーテールの完成です。お子さんの場合はこのままでも十分可愛いのですが、大人向けの場合はやや崩して、こなれ感を出すのがおすすめ。次のステップで、おしゃれな崩し方をレクチャーします。
 

ポニーテールのおしゃれな崩し方・こなれ感の出し方

毛束を少しずつ引き出す

毛束を少しずつ引き出す

11. 爪の先でほんの少しずつ、毛束を引き出します。トップのみで4~5箇所程度引き出し、表面、ねじり部分、襟足も忘れずに!
 
片手で押さえながらサイドも引き出す

片手で押さえながらサイドも引き出す

12. 引っ張りすぎないように片手で押さえながら、毛束をつまみ出します。
 
襟足の髪も少しずつ引き出す

襟足の髪も少しずつ引き出す

13. 襟足もほんの少しずつ毛束を取り、3~5箇所程度、引き出していきます。
 
表面の髪を崩し終わった状態

表面の髪を崩し終わった状態

14. 表面が柔らかくなり、抜け感が出ました。

 

毛先の巻き方・立体感の出し方

できるだけ根元付近からコテで巻く

できるだけ根元付近からコテで巻く

15. まずは全体にゆるくカールをつけます。3~5束程度に分けて、できるだけ根元付近から巻きましょう。ヘアアイロンは160度から180度くらいがおすすめです。

 
毛束を少しだけ分けとり、根元を立ち上げる

毛束を少しだけ分けとり、根元を立ち上げる

16. ここからがポイント!表面の髪を少しだけ取り、根元をグイっと立ち上げるように巻きます。

 
毛先を薄くとって外ハネにする

毛先を薄くとって外ハネにする

17. 次に毛先に外ハネをプラスします。ランダムに外ハネが入っているだけで、一気に立体感が増します!
 
ワックスがつきすぎないように握る回数は1度だけ

ワックスがつきすぎないように注意

18. ワックスでさらに束感と動きを作ります。手のひら全体にワックスをよーく伸ばし、毛先をぎゅっと握ります。あまり触りすぎず、1、2回握って仕上げるのがベスト!
 

ゴムの隠し方・結び目アレンジのやり方

ゴムに指を引っ掛ける

ゴムに指を引っ掛ける

19. ヘアアクセサリーがない時はゴムを隠すとさらにおしゃれ! これもピンを使わずに仕上げます。まずは、ゴムに指を引っ掛けます。ゴムを引っ張りすぎて切れないように注意しましょう。

 
ポニーテールから一束分け取る

ポニーテールから一束分け取る

20. ポニーテールからひとつまみ、毛束を細く取ります(ピンクの部分)。
 
結び目に巻き付けてからゴムの隙間に通す

結び目に巻き付けてからゴムの隙間に通す

21. 結び目の部分に分けとった毛束を巻きつけてから、指をかけておいたゴムの隙間に毛先を通します。髪の長さにもよりますが 2回転ほど巻きつけて。
   
ミディアムポニーテール巻く

見えているゴムにかぶせるイメージ

22. 巻きつけた部分を指で崩し、毛束をかぶせるイメージでゴムを隠します。

 
綺麗にゴムが隠れた状態

綺麗にゴムが隠れた状態

23. 綺麗にゴムが隠れました。これで結び目アレンジが完成!
 

運動会の髪型にぴったりなポニーテールアレンジの仕上がり

アウトドアのレジャーや体育祭など、激しく動くときは軽くスプレーをしておくと、さらに崩れにくくなりますよ!
ミディアムポニーテール

トップにもゆるく高さが出てバランスがきれいですね

 
運動会の髪型・ミディアムポニーテール

ピンを使っていないので崩れづらいのも嬉しい

 

ヘアアクセサリーの使い方

運動会のシーズンには、子供たちの応援に行くママさんにもおすすめ。高校生の体育祭では、こんな風にハチマキをリボン代わりにしてみるのも、チアガールのようで可愛いですね!
 
運動会の髪型・ミディアムポニーテール

ゴムを隠す手間も省けますね!

 
【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。