お団子(おだんご)ヘアの一番きれいな作り方&簡単なやり方は?

誰もが挑戦しやすいお団子(おだんご)ヘアは、女性をかわいらしくアクティブな印象に演出してくれる人気のヘアアレンジ。お団子の位置や、前髪ありなし、後れ毛の作り方しだいで、様々なスタイルに応用できる定番の髪型です。

今回は、覚えておきたいお団子アレンジの基本のやり方とバランスよく仕上がるコツをご紹介。マスターできたら、応用編のお団子バリエーションにもチャレンジしてみましょう!
定番のお団子ヘア(前髪あり)をきれいに仕上げるには?

定番のお団子ヘアをきれいに仕上げるには?

【INDEX】

 

ベースのヘアスタイル

鎖骨下のミディアム~セミロングのヘアスタイルがベース。
ゆるウェーブなセミロング

ゆるウェーブなセミロング

 

おすすめのタイプ

  • 髪質  柔かい~ 硬い
  • 髪量  やや少ない ~ 多い
  • 顔型  丸 卵 四角 三角
  • クセ  あり ~ なし
 

お団子の作り方・下準備の仕方

前髪と顔まわりの後れ毛を残して分けとる

前髪と顔まわりの後れ毛を残して分けとる

1. 髪全体にヘアクリームや、ワックスをなじませてからスタート。前髪と顔まわりの毛束を少量残し、髪を後ろに持っていきます。
 
ブラシを使って襟足、表面をととのえる

ブラシを使って襟足、表面を整える

2. 表面をきれいに仕上げるため、ブラシを使って全体を整えます。襟足、表面が整ったら、高めの位置でポニーテールを作ります。ポニーテールの作り方は、「ポニーテールの簡単基本テクニック」を参考に!
 

お団子の作り方・ヘアアレンジのやり方

ポニーテールの毛先を持ち、毛束をねじり上げる

ポニーテールの毛先を持ち、毛束をねじり上げる

3. 片手で結び目を押さえ、もう片方の手でポニーテールの毛先を持ちながら毛束をねじります。
 
毛束をねじりながら時計回りに巻きつける

毛束をねじりながら時計回りに巻きつける

4. そのままねじりながら、時計回りにポニーテールの毛先を結び目に巻きつけます。
 
巻きつけながら毛先は内側に入れこんでいく

巻きつけながら毛先は内側に入れこんでいく

5. ふんわりとゴムに毛束を巻きつけていき、毛先を内側に入れこんで、お団子を作ります。
 
頭皮に垂直にピンをあててから毛束とベースの髪を両方合わせて留めていく

毛束とベースの髪を両方合わせてピンで留めていく

6. 頭皮に垂直にピンをあててから、毛束とベースの髪を両方合わせて留めていきましょう。
 
アメピンを毛束の中に押し込むように留める

アメピンを毛束の中に押し込むように留める

7. アメピンで留める際、巻きつけた毛束の毛先をしっかり押さえ、ピンを押し込んで見えないように留めます。
 
赤点の4箇所を留めると崩れにくい

赤点の4箇所を留めると崩れにくい

8. 毛先の部分を含め、3~4箇所をアメピンでしっかり固定すれば、お団子ヘアの完成です。画像の位置の4箇所(赤点)を留めるとしっかり固定されます。
 

お団子ヘアをきれいに仕上げるポイント

お団子のベースとなるポニーテールを結うとき、あごの延長線上のラインに結び目を作るよう心がけるのがコツ。横顔がキレイに見える、黄金シルエットが完成します。

前髪は、両耳前を結んだライン(赤点線)の真ん中(赤点)から分けとるとバランス良く仕上がります。こめかみ付近の生え際が見えないように、顔周りの後れ毛を残すのもポイントです!
ベストバランスのポニーテール

ベストバランスのポニーテール

耳前

赤点の位置から放射状に前髪、後れ毛を分けとると良い

 

お団子ヘアのサイド&バックスタイル

お団子ヘアの作り方・やり方・方法(サイドスタイル)

hair&make WAKO(anti)

お団子ヘアの作り方・やり方・方法(バックスタイル)

hair&make WAKO(anti)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。