アメピンの正しい使い方・取れない留め方を詳しく解説!

「アメピン」といえばハーフアップやねじりを使ったヘアアレンジ、前髪アレンジなどに欠かせないアイテムですよね。しっかり固定できずにゆるくなってしまったり、上手く留められずに隠しピンが見えてしまったり……と、いまいち上手く使いこなせないという方も多いのでないでしょうか? 今回はそんな悩みを解決しつつ、基本的なアメピンの留め方を解説します!
アメピンの正しい留め方・使い方の基本

hair&make WAKO(anti)

 
<目次>

【アメピンの正しい使い方・留め方】トップ

毛束を押さえ、アメピンをしっかり開く

毛束を押さえ、アメピンをしっかり開く

1. ハチ上の髪をねじり、毛束を片方の手で押さえます。画像のように、人差し指で押さえているやや上の部分(赤点線)を固定すれば、アメピン1本でもしっかり留まります。アメピンは予めしっかり開いておくのがコツ。
 

ねじった毛束の表面を少しすくう

ねじった毛束の表面を少しすくう

2. アメピンの短くなっている方をねじった毛束に少し引っ掛けます。毛束の表面を少しすくうイメージです。
 

アメピンの短い方を引っ掛けたまま持ち上げる

アメピンの短い方を引っ掛けたまま持ち上げる

3. アメピンの短い方を引っ掛けたまま、長い方を支点にピンを持ち上げ、頭皮に対して垂直に当てます。引っ掛けた毛束がアメピンから外れないように気を付けましょう。
 

アメピンをそのまま横に倒し反転させる

アメピンをそのまま横に倒し反転させる

4. そのままアメピンを横に倒し、頭皮に対して平行にします。この時点でアメピンにテンションがかかってきます。ここでも、引っ掛けた毛束が外れないように気をつけて下さい。
 

上に向かって押し込む

上に向かって押し込む

5. ねじった毛束と平行に、アメピンを真上に押し込みます。頭皮にアメピンの長い方が、やや当たっている状態で押し込みましょう。
 

アメピンが隠れてしっかり固定される

アメピンが隠れてしっかり固定される

6. アメピンがねじった毛束に隠れて見えなくなり、1本でもしっかり固定できます。髪が多めの方は、もう1本使って同じように留めると安心です。
 

 アメピンの留め方・使い方のNG例

【NG例1】アメピンが見えてしまっている

【NG例1】アメピンが見えてしまっている

しっかり固定できてるが、アメピンが見えてしまっている状態。
 
【NG例2】アメピンを留める位置を間違えてしっかり固定できていない

【NG例2】アメピンを留める位置を間違えてしっかり固定できていない

アメピンを留める位置が違っていたり、ピンの短い方に髪が引っ掛かっていない状態。2~4の工程の中で、髪が外れてしまっている状態で留めてしまうと、しっかり固定できずにねじった毛束がズレてきてしまいます。
 

【アメピンの正しい留め方・きれいな隠し方】サイド

ねじった毛束の表面をすくう

ねじった毛束の表面をすくう

1.  ヘアアレンジでよく使うサイドをねじって留めるやり方を、右サイドの例で解説していきます。まずは、サイドの髪をねじりバックに持ってきます。ねじった毛束の表面をアメピンの短い方で少しすくいます。アメピンは頭皮に対して垂直にします。
 

アメピンを引っ掛けたまま左に倒す

アメピンを引っ掛けたまま左に倒す

2. アメピンに髪を引っ掛けたまま左側(赤矢印)の方向に倒します。引っ掛けた毛束が外れないように気を付けながら、頭皮に沿うまで倒します。
 

アメピンを横に倒し反転させ、押し込む

アメピンを横に倒し反転させ、押し込む

3. そのままアメピンを横に倒し、赤矢印の方向に押し込みます。頭皮にアメピンの長い方がやや当たった状態で、押し込んでいきます。
 

ピン1本でしっかり留まる

ピン1本でしっかり留まる

4. アメピンが見えなくなり、しっかり固定できます。左サイドを留める場合も、同じ工程でOKです。
 

 【アメピンの正しい使い方・留め方】前髪

両黒目幅で三角形で分けとる

両黒目幅で三角形に分けとる

1. 最近、流行っている薄め前髪にする際やポンパドールをする際に使えるやり方を解説します。まずは、前髪を黒目幅で分けとり、1~2回転ねじります。
 
人さし指でおさえた、やや下の位置にアメピンをさす

人さし指でおさえた、やや下の位置にアメピンをさす

2. 片方の手で毛束を押さえます。アメピンの短い方をねじった部分に引っ掛け、頭皮に対して垂直にさします。前髪は小さいアメピンを使うと◎。
 
アメピンを後ろに倒すイメージ

アメピンを頭皮に沿わすイメージ

3. アメピンを毛束に引っ掛けたまま、後ろに倒します。アメピンから毛束が外れないように注意しましょう。
 
頭皮に沿わせながら真下に押し込む

頭皮に沿わせながら真下に押し込む

4. アメピンを、そのまま真下に向かって押し込みます。
 
アメピンが隠れてしっかり留まる

アメピンが隠れてしっかり留まる

5. アメピンが隠れ、しっかり留まります。
 

前髪の留め方のNG例 

【NG例】ピンが見えてしまっている

【NG例】ピンが見えてしまっている

しっかり留まっていますが、アメピンが見えてしまっている状態。見えないように隠して留めると仕上がりがきれいです。

アメピンの使い方をマスターするとヘアアレンジの幅も広がるので、ぜひトライしてみて下さい!
 

アメピンを使うアレンジ関連記事

お団子ヘアの簡単な作り方!基本と一番きれいなやり方
ロングヘアのまとめ髪!不器用でも簡単な大人向けアレンジ
40代のまとめ髪に!大人に似合う簡単ギブソンタック
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。