プールや海に最適!水着に似合う髪型&濡れてもOKの簡単ヘアアレンジ

海やプールなど楽しいイベントが盛りだくさんのこれからの季節。ダイエットをしたり水着を新調して準備を整えておく方も多いと思います。せっかくだったら髪型やメイクもバッチリきめて夏を満喫したいですよね!

そこで今回は、海やプールで濡れても崩れにくい髪型をご紹介します。水着姿に似合って、男子ウケも抜群! 定番のポニーテールやお団子、こなれ感たっぷりの編み込みヘアを解説していきます。
プール・海の髪型に!濡れてもOKの水着ヘアアレンジ

hair&make WAKO(anti)

  【INDEX】
プールや海の髪型【1】トリプルブレイド(三つ編み)ヘアアレンジ
プールや海の髪型【2】裏編み込みツインテール&まとめ髪アレンジ
プールや海の髪型【3】定番ポニーテール&お団子ヘアアレンジ

 

ベースのヘアスタイル

眉くらいの前髪で、鎖骨下レングスのミディアムヘア。
鎖骨下のミディアムヘア

鎖骨下のミディアムヘア

おすすめのタイプ

顔型:すべてOK
髪質:すべてOK
毛量:やや少ない~多い
クセ:なし~ややあり
 

プール・海の髪型【1】トリプルブレイド(三つ編み)ヘアアレンジ

海やプールで遊ぶと髪が濡れて、せっかくセットしたヘアスタイルも崩れてしまいがちです。ヘアスタイルを維持するには、三つ編みやフィッシュボーンなどを使って髪を編んでしまうのがベスト!

編み込み風に見えて崩れにくいトリプルブレイドはとても簡単。三つ編みした毛束をさらに三つ編みするだけで、手が込んでいるように見えておしゃれな雰囲気に!まわりと差をつけたい方やおしゃれに過ごしたい方におすすめのヘアアレンジです。
 
トリプルブレイド(三つ編み)ヘアアレンジ

トリプルブレイド(三つ編み)ヘアアレンジ

 

トリプルブレイドのやり方・ヘアアレンジのコツ

耳の真ん中の延長線上で髪を分ける

耳の真ん中の延長線上で髪を分ける

1. 耳の真ん中の延長線上で、サイドの髪を分けとります。分け目をジグザグにすると、ナチュラルに仕上がります。
 
後頭部がV字になるように分けとる

後頭部がV字になるように分けとる

2. 後頭部がV字になるように分け取り、残りの髪を2等分にして、画像のように3つに分けとります。


 
ジグザグに分けるとナチュラルに仕上がる

ジグザグに分けるとナチュラルに仕上がる

3. バックの髪を分けとる際、画像の赤線のように、耳真ん中の延長線上から斜めに分けとると仕上りがバランス良く見えます。ナチュラルに仕上がるように、分け目はジグザグに取りましょう。
 
サイドの髪をきつめに編む

サイドの髪をきつめに編む

4. サイドの髪を毛先まで三つ編みし、シリコンゴムで結びます。崩れにくくなるようにきつめに編んでおきましょう。
 
両サイドの髪を毛先ギリギリまで編む

両サイドの髪を毛先ギリギリまで編む

5. 両サイドの髪を三つ編みにして、毛先をゴムで結んだ状態です。毛先ギリギリまで編んでおきます。
 
両サイドの髪を毛先ギリギリまで編む

両サイドの髪を毛先ギリギリまで編む

6. 手順2~3で分けとったバックの髪を、それぞれ三つ編みにしていきます。
 
えり足がたるまないように根元ギリギリから編むと良い

えり足がたるまないように根元ギリギリから編むと良い

7. バックの下段の髪を三つ編みにした状態です。えり足がたるまないように根元ぎりぎりから編みはじめ、毛先をシリコンゴムで結びます。
 
最後に、後頭部の髪を三つ編みにする

最後に、後頭部の髪を三つ編みにする

8. 仮留めしていた後頭部の髪を三つ編みにした状態です。この時点で、毛束が5つできあがります。
 
2つの毛束をねじり合わせる

2つの毛束をねじり合わせる

9. サイドの毛束を後ろの毛束と合わせ、後ろに持っていきながら2~3回程ねじり合わせます。たるまないように気を付けながら、毛先をシリコンゴムで結びます。
 
逆サイドもねじり合わせた状態

逆サイドもねじり合わせた状態

10. 逆サイドも同様に、後ろの毛束とねじり合わせます。この時点で、毛束が3本になります。
 
横から見ると編みこみ風に見える

横から見ると編みこみ風に見える

11. 横から見た状態です。ねじり合わせると耳上付近から編み目が見えて、編み込み風に見えてきます。
 
キツめに編むと崩れにくい

キツめに編むと崩れにくい

12. 3本の毛束をさらに三つ編みにして、シリコンゴムで結べば完成です。しっかりきつめに編んでおくと、プールや海で泳いだときも崩れにくいです。

 

プール・海の髪型【2】裏編み込みのツインテール&まとめ髪アレンジ

ツインテールは子供っぽい印象になりやすいので敬遠しがちですが、編み込みで作ると一気にあか抜けた印象に! もちろん海やプールでも大活躍間違いなし。濡れても乱れず、崩れにくく、おしゃれで個性的に見えるヘアアレンジです。毛先を折りたためば、こなれたまとめ髪にも応用可能。一見難易度が高めの編み込みですが、コツさえ覚えてしまえば幅広いシーンで使えるのでぜひマスターしてください!
 
裏編み込みのツインテール

裏編み込みのツインテール

 

裏編み込みのやり方・ヘアアレンジのコツ

可愛い印象のツインテールでもおしゃれでアカ抜けた印象に!

可愛い印象のツインテールでもおしゃれでアカ抜けた印象に!

1. ハチ上あたりを目安に、編み目を出したいところから、毛束を3つに分けます。一番外側の毛を取り、必ず下を通して真ん中に持ってきます。基本は、その繰り返しです! 裏編み込みの詳しい方法は、「裏編み込みの基本のやり方」を参考に。
 
 
毛束を耳後ろ付近まで持っていき、アメピンで固定

毛束を耳後ろ付近まで持っていき、アメピンで固定

2. 毛先まで編んだらシリコンゴムで結びます。さらに、ツインテールをクロスさせれば、印象が変わります。逆サイドの耳後ろ付近で、アメピンで固定。
 
スッキリまとまる

スッキリまとまる

3. テール部分をまとめるだけで、個性的な印象から大人かわいい印象へ。えり足がすっきりとした、コンパクトなまとめ髪の完成です。

 

プール・海の髪型【3】定番のポニーテール&お団子ヘアアレンジ

ポニーテールは崩れにくくて、濡れてもOKな定番アレンジです。結ぶ高さで印象が変わり、とても簡単にできちゃうのも魅力ですね。夏の海やプールでおすすめなのは高めに結んだポニーテール! ちょっぴり甘くて爽やかな印象になるので男ウケも抜群です。

さらに、結んだ毛束を巻き付ければ、キュートなお団子ヘアに大変身。ポニーテールと同様、まとめる位置で印象が大きく変わり、簡単に仕上がる人気の髪型です。
高めのポニーテール

高めのポニーテール

 

 ポニーテールのやり方・ヘアアレンジのコツ

あごと耳をつなぐ延長線上の少し上に結び目を!

あごと耳をつなぐ延長線上の少し上に結び目を!

1. あごと耳をつなぐ延長線上に結び目を作るのが、ポニーテールの黄金ルール。このポイントより少し高めの位置に結び目を持ってくると、爽やかでヘルシーな印象に仕上がります。詳しい方法は、「ポニーテールの基本のやり方」を参考に。
 
ラフにまとめたお団子はおしゃれでカジュアルな印象

ラフにまとめたお団子はおしゃれでカジュアルな印象

2. ポニーテールの毛先を結び目に巻き付ければ、お団子ヘアのできあがり。お団子ヘアの詳しい方法は、「お団子ヘアの基本のやり方」を参考に。海やプールでは、画像のように高めの位置でラフにまとめたお団子ヘアがおすすめ。きっちりまとめずに毛先を遊ばせると夏っぽくヘルシーな印象になります。

水に入っても顔周りに髪の毛がへばりつかないように、あえて後れ毛は作らず、お団子の毛先で変化をつけるのが正解!
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。