水道管が凍結して破裂したら、火災保険は使える?

水道管凍結は火災保険の対象?

水道管凍結は火災保険の対象?

冬の気温が下がる時期に建物外部にある水道管が凍結したり、破裂したりすることがあります。水道管凍結による損害や水濡れが火災保険で補償されるのか、また火災保険には凍結などについて間違えやすい補償もあります。

水道管凍結による事故と火災保険の補償についてまとめます。
   

火災保険の「破裂・爆発」で水道管凍結は補償される?

最初に火災保険の補償の一つである「破裂・爆発」について確認します。破裂と記載されていると水道管凍結も補償されそうですが、実はこの補償は全く別です。

細かい規定は割愛しますが、ここでいう破裂・爆発というのは例えばガス爆発などを想定しています。水道管凍結が原因となるものについてはこの補償では対象外となります。
 

火災保険の「水濡れ」の補償は水道管凍結を補償する?

次に火災保険にある「水濡れ」補償についてです。損害保険会社や火災保険の商品によっては、給排水設備の不備による水濡れという言い回しになっていることがあります。

給排水設備と聞くと水道管凍結が何となくいけそうな気がします。

水道管や配水管、ガス湯沸かし器などいわゆる給排水設備からの水濡れ損害であれば、対象になります。但しあくまで水濡れ損害の補償ですので、上記の設備等が偶然な事故などでトラブルが生じた結果、水漏れなどが発生すればという話です。

但し、こうした事故に該当すれば水道管凍結でも対象になるでしょうが、水道管そのものの損害は水濡れとは別ですのでこの補償からはカバーされません
 

火災保険の「破損汚損」の補償は水道管凍結による破損をカバー

火災保険には「破損汚損」という補償があります。商品によっては「不足かつ突発的な事故」ということもあります。

この補償がない火災保険もありますが、付帯している場合は水道管凍結による破損をこの補償でカバーすることができます。
 

火災保険の損害保険金と費用保険金

火災保険の補償には「損害保険金」と「費用保険金」があります。損害保険金とは、火災や台風、水害、盗難など本来火災保険で補償される事故で発生した損害について修理費用や再築(再購入)費用をカバーします。ここまでみてきた破裂・爆発、水濡れ、破損汚損も損害保険金です。

例えば火災で全焼したら、その再築するための損害を補償するということです。ほとんどの人の火災保険の補償のイメージはこれでしょう。しかし火災保険には費用保険金という補償があります。

上記のように火災で全焼した場合、保険金で住まいを再築することができます。しかし実際には火災が起きた場合、それと別に焼け残った残存物の撤去に別にお金がかかります。こうした直接の損害とは別に発生する「費用」をカバーするのが費用保険金です。

上記のケースだと残存物取片付け費用保険金というものがあります。「○○費用保険金」という名称のものはすべてこうした補償と考えてください。この費用保険金は各損保でかなり内容がバラバラですので、どこも同じだとは考えないでください。

これを理解した上で水道管凍結について続けてみていきましょう。
 

水道管修理費用保険金がついている火災保険なら補償

現在、損害保険会社で発売されている火災保険の商品で「水道管修理費用保険金」という費用保険金が付帯しているものがあります(名称は損保によって違うことがあります)。

いくつかの損保で取り扱っていますが、これは水道管に凍結による損害があって、それを修理するときの修理費用などが補償されるものです。つまり水道管凍結についてこれなら補償されるということです。

注意点としては1回の事故あたりの限度額が定められているケースがあります。比較的多いのが1事故の上限を10万円などと決めているケースです。損害の程度によるでしょうが、実際の損害の実費が必ずしも補償されるわけではないので注意してください。

他に火災保険商品によって別に条件や規定を設けていることもあります。またそもそも建物に火災保険と付帯しているのか、家財だけなのかにもよって補償対象が変わります。火災保険の補償設計は地域性や物件の立地条件がかなり関係してきます。雪国だけでなく気温が下がる地域はこうした補償が付帯している火災保険を検討してみるといいでしょう。
 

水道管凍結も補償の前に予防で対策を

水道管凍結でどの程度の損害が発生するかは個別に違うでしょうが、補償の前に必要なことは予防です。むしろ冬の時期、普段は水道管凍結などしない地域の人の方が予防の意識は薄いので気をつけておきましょう。

加入している火災保険の内容が分からない場合、水道管凍結などの事故があったら、まずは加入先の損保に保険金の支払い対象になるか連絡してください。

水道管修理費用保険金などが付帯していても分かっていない人が意外と多いものです。聞くだけはタダですので面倒くさがらずに確認しておきましょう。

※各社の保険商品はそれぞれ内容が異なる場合があるので必ず契約先に確認してください。

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。