WEPは本当に危険か?


画像の代替
 
ガイド:
WEPって知っていますか?

相談者:
もちろんですよ。無線LANで利用される暗号化技術の1つでしょ。
でも、ちょっと詳しい人であれば、「1分で解読できてしまう。」という利用してはいけない暗号でしょ。

ガイド:
そうですね。しかし、「1分で解読される。」といっても、実際にはARQリインジェクション攻撃という不正アクセスを行ってARQパケットを4万パケット以上収集する必要がありますので、 ネットワークにちょっと詳しい程度では解読することは不可能なんです。
通常の環境では大量のARQパケットを収集することは困難なんですね。それで、いままでWEPを利用しても、「世間で言われているほど危険ではない。」と申し上げてきた訳です。

相談者:
そう言えば、そんなことも聞いたことがあります。「検索エンジンでちょっと検索すれば、WEPの解読方法なんてすぐにわかってしまう。」というのは、間違いだったんですね。

ガイド:
そうです。そんなに簡単に解読できる暗号化ではありませんでした。

相談者:
じゃぁ、WEPしか利用できないゲーム機器もあるので、この際環境をWEPで統一しようかな?
環境によって、いろいろな暗号化があると不便なんですよ。

ガイド:
あ、ちょっと待ってください。暗号化ではありません「でした。」と申し上げたはずです。

相談者:
え? 何かあったんですか?