こなれ感アップ!ゴムだけで簡単にできる編みこみ風ヘアアレンジ

1日過ごしても崩れにくくて、おしゃれに見える編み込みヘア。みなさんも一度はチャレンジしたことがあると思います。ただ、工程が複雑でマスターするのが難しいのも悩みどころですよね。

そこで今回は、簡単にできて編み込み風に見えるヘアアレンジをご紹介。ゴムで数回結ぶだけで、手の込んだ髪型に仕上がります。最後にひとつ結びにした毛束でフィッシュボーンを作るだけなので、編み込みが苦手なアレンジ初心者にもおすすめ!ぜひトライしてみて下さい。
ゴムだけでできる編みこみ風フィッシュボーン

hair&make WAKO(anti)


 ベースのスタイル

眉上バングのローレイヤーセミロング。
ローレイヤーセミロング

ローレイヤーセミロング


 おすすめのタイプ

顔型:すべてOK
髪質:すべてOK
毛量:やや少ない~多い
クセ:すべてOK

ヘアアレンジのやり方・方法

ハチ上の髪を分ける

ハチ上の髪を分ける

1. ハチ上の髪を手ぐしでざっくり分けとります。
 

中央で結んでから、A~Dの髪を分けとる

中央で結んでから、A~Dの髪を分けとる

2. 分けとった髪を、中央の位置でシリコンゴムで結びます。結んだ毛束が浮かないように頭皮に沿うようにゴムで結びましょう。次の工程から、画像のA~Dのように分けとってゴムで結んでいきます。
 

Aの毛束を左に集める

Aの毛束を左に集める

3. Aの毛束(こめかみのライン)を分けとります。センターで結んだ毛束の上を通り、やや左側に髪を集めます。
 

そのまま左側でゴムで結ぶ

そのまま左側でゴムで結ぶ

4. 毛束を左側にずらした状態で、シリコンゴムで結びます。
 

やや左側で結び、中央の結び目が隠れた状態

やや左側で結び、中央の結び目が隠れた状態

5.画像のように最初に結んだ毛束の結び目が隠れ、センターよりやや左に結び目ができます。
 

Bの毛束を右側に集める

Bの毛束を右側に集める

6. Bの毛束(耳のやや下くらい)を分けとります。この毛束はセンターよりやや右側に集めます。
 

右側で結んだ状態

右側で結んだ状態

7. 右側で結ぶと、このように結び目がずれて、編み込んでいるように見えます。

Cの毛束を左側で結ぶ

Cの毛束を左側で結ぶ

8. Cの毛束(盆の窪の上くらい)を分けとり、センターより左側で結びます。
 

毛束が交わり編み込み風に

毛束が交わり編み込み風に

9. Dの毛束を結びます。この毛束はセンターで結びます。結び目が交互になり、これだけでも編み込み風に仕上がります。
 

フィッシュボーンを作り毛先で結ぶ

フィッシュボーンを作り毛先で結ぶ

10. 最後にフィッシュボーンを作り、毛先をゴムで結びます。ひとつ結びの状態からはじめるため、より編みやすくなりキレイに仕上がります。
 

 上手く仕上げるポイント

それぞれ結んだ毛束の結び目付近を指でつまみ、少しずつ引き出しておくのがコツ。毛束がほぐれ、やわらかく見え、こなれた印象になります。
鏡で確認しながら、少しずつほぐす

鏡で確認しながら、少しずつほぐす


 サイド&バック

ゴムだけでできる編みこみ風フィッシュボーン

hair&make WAKO(anti)


ゴムだけでできる編みこみ風フィッシュボーン

hair&make WAKO(anti)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。