トラブルが表面化する前に、肌の立て直しを!

image

乾燥シーズン前に見直したい、ルーティンスキンケア

夏の紫外線ダメージによるシワ、シミなどのトラブルが目立ってくる秋。夏は比較的湿度が高いためあまり肌の乾燥を意識する機会は少なかったかもしれませんが、実はエアコンや汗、紫外線の影響で肌の内部は乾燥していることが多いのです。そのまま、空気の乾燥する秋冬に突入してしまうと、一気に肌のゴワつきやくすみが目立ってしまいます。

それを防ぐためにも、本格的な乾燥シーズンに入る前にぜひスキンケアの見直しを。今回は秋冬に取り入れたいスキンケアアイテムやテクニックをご紹介いたします。


クレンジングを秋冬仕様にチェンジ

乾燥シーズンが近づくと、まず保湿アイテムをプラスする方が多いと思いますが、その前にまず見直していただきたいのがクレンジング。夏場は使用感のさっぱりしたジェルタイプや洗浄力の高いオイルタイプが肌に合っていた方も、秋冬には肌を乾燥させてしまうことも。洗い流した後、すぐに保湿したくなる場合は、皮脂を取りすぎている可能性が高いので要注意です。

秋冬にぜひ取り入れたいのが、ミルクやクリームタイプのクレンジング。潤いを守りながら汚れを落としてくれるので、洗い上がりの肌がしっとり柔らかに。おすすめの使い方は、蒸気で肌をほぐしながらじっくり馴染ませること。浴室に強めのシャワーを流したり、洗面器に熱めのお湯を張るなどして、寒さと乾燥で固くなってしまった肌をゆるませながらクレンジングすると、顔色が一段明るくなるのが実感できるはずです。

ただ、オイルタイプと比べると洗浄力もマイルドなものが多いので、マスカラやリップなどポイントメイクは専用のリムーバーで落としておくことをおすすめします。


インバスフェイスケアでお風呂上りに余裕を

image

インバススキンケアで賢く保湿

秋冬はバスルームから一歩出た瞬間から、寒さと乾燥との戦い。湯冷めしないように急いで身体を拭いて、パジャマを着て……としているうちにも、肌の水分はみるみる奪われていきます。

そんな季節には、お風呂の中で保湿までしてしまう、インバススキンケアを取り入れるのが賢い方法。インバスケアというと、入浴剤や洗い流すだけのインバスボディトリートメントなど、ボディケアが重視されがちですが、せっかく温度も湿度も高く肌に成分が浸透すやすい環境が整っているのに、顔のケアをしないのはもったいない!

手軽にできてオススメなのが、湯船に浸かりながらできる「ながら保湿パック」。クレンジング、洗顔で肌の汚れや古い角質を落としたあと、こっくりしたクリームを顔全体にたっぷりと塗り、身体が温まるまで湯船に浸かります。

汗でドロドロになるので、お風呂を出る前にぬるま湯で洗い流してから出てください。洗い流してもしっとり感は続いているので、お風呂上りに急いで保湿しなきゃ!というバタバタ感から解放されます。最近では洗顔後に使う保湿効果のある泡パックも出ているので、取り入れてみるのもおすすめです。


寝ながらパックで、調子の良い寝起き肌に

夜にたっぷり保湿して寝たのに、朝起きると肌はカラカラなんてこと、秋冬にはよくありませんか? 筆者もキャビンアテンダント時代、乾燥の激しいホテルでは、朝の肌の乾燥に悩まされていました。朝から肌が乾燥していては、憂鬱な一日のスタートになってしまいますよね。寝起き肌のコンディションを上げるには、やはり夜のスキンケアが鍵。

秋冬には、通常のスキンケアをした後、それらを逃がさないコーティングの役割があるアイテムを取り入れたいもの。ゆらぎ肌で乾燥による吹き出物が気になるタイプの方は、寝ている間にパックしてくれるジェルタイプのものを、肌の皮がむけてしまうほど乾燥するという方は固めのテクスチャーの濃厚なクリームを仕上げにたっぷりと乗せてパック代わりに。枕についてしまっても良いように、肌触りのよい清潔なフェイスタオルを枕の上にしき毎日交換するのがおすすめです。

スペシャルケアを取り入れるまえに、まずは毎日のルーティーンのスキンケアを見直すことが大切です。秋冬でも乾燥を感じさせない、しっとり柔らか肌を手に入れたいですね。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。