あなたは大丈夫? 婚活とセフレ探しはまったく違うもの!

性欲と妄想と理想が生み出す婚活

性欲と妄想が生み出す悲惨なアラサー婚活事情とは


女性の性欲は30代からメラメラと増していき、40代でピークを迎えます。女性だって性を謳歌する時代、ご自身で自由に恋愛すればいいのですが、安心して愛を育めるパートナーがいればいくつになっても困りません。でも、ずっと彼もいない、一度も結婚もしていない状態だったら、さてどうします?

そんな性欲を持て余した30代女性が婚活を始めた場合、注意が必要です。その理由は、「目先の性欲」で本当に望んでいるものを見失いがちになることがあるからです。

たとえば、目の前の相手を妄想で美化し、理想だけが大きく膨らむのですが、結局捨てられたり、搾取されたりと不幸な恋愛に陥るのです。

性欲がいいか悪いかと言っているのではありません。また、完全に遊びだと割り切っているならいいですが、一夜限りの相手やセフレ探しは、長い目で愛を育んでいくパートナー探しとはまったく別のものです。そして、やはりガイドは結婚を前提としたパートナーを探すべきだと考えています。

それを前提に、セックスから始まるダメ恋に陥りがちな「アラサー婚活のNG行動」を3つ挙げていきましょう。


1.真剣交際に耐えられず、婚活中に「出会い系サイト」で男漁り

出会い系サイトで男探し

「今から会える? とりあえず会おうよ! 明日、早いの?」……えっ、この人私のこと好きなの? かっこいい? って何それ!?


結婚相談所はセフレを探す出会い系サイトとは全く違います。ですから、当たり前ですが出会ってすぐ気軽にセックスとはいきません。

結婚したいという独身者同士が、1対1の「お見合い」という形でコミュニケーションをし、期間を決めて真摯に条件をすり合わせ、真剣交際を目指していくのが結婚相談所です。

そもそも登録には独身証明書などの公的な書類も必要ですから、出会い系サイトで出会うようなどこの誰だかわからない人たちとは訳が違いますし、真剣度も背負う責任もまったく違うわけです。

しかし、性欲を持て余した女性の場合、気軽にセックスに誘ってくるような男性を好きになってしまうのです。

例えば、結婚相談所でお見合いを進めているにもかかわらず、出会い系サイトやアプリに登録し、体目当ての相手に引っかかってしまう人。「今から会える? とりあえず会おうよ!」などと言われると、私のことが好きだから早く会いたいのね、などと妄想しているかもしれませんが、そんなの「さっさと、あとくされなくセックスできそう」と思われているだけですよ?

真剣交際を考えてくれるお見合い相手がいても、ただ遊びの対象として見てくる方に惹かれる……これは婚活にはハッキリ言って邪魔な思考です。思考というか、考えてもいない。ただ体がうずいているだけとでも言いましょうか。

何の約束もなく、結婚する気もない、既婚者なのか独身なのかもわからないような相手とセックスしていても、「タダ乗りできてラッキー」と思われているだけです。正直、女性はセックスしてしまった人を好きになりやすいですが、男性は一度やったら満足という考えの方も少なくありませんし、ただでさえ男性の結婚願望は低くなってきています。

まずは安売りはしないこと! そもそも、誰でもいいセックスできる相手と「結婚相手」を結びつけるのはお角違いです。


2.希望条件すっ飛ばして、性欲に負けちゃうエロエロおばさん

お持ち帰りされたいアラサー独女

「オレたち気が合うね、違う場所で飲みなおさない?」ってそれでいいの!?


30代以上の婚活女性は、結婚相談所で希望を聞くと、とんでもなく高いハードルをたたきつけてくることが少なくありません。「一流大学を卒業していて、年収800万以上じゃなきゃダメ。職業は、銀行員か商社マン! 」などなど。希望するのは自由ですが、いったいあなたはどれほどの人間なの?と言いたくなることも。

それなのに、よくよく聞いてみれば、今まで(もしくは進行形で)体を許してセックスしちゃった、好きになっちゃったという男性はだいたいダメ男ばかり。ルックスは合格なのかもしれませんが、希望の年収や職業からは程遠いだけでなく、そもそも彼女や妻がいたり、DVやモラハラ男だったり。「お酒を飲んでいたから、なんとなく気が合ってノリで!」「合コンや立ち飲みバーで隣の席で意気投合しちゃって!」とのこと。

大人の女性ですからどこで出会いを探しても良いのですが、それって、本当に「フィーリングが合った、運命の出会い」なのでしょうか?

ただ単にお酒を飲んで気が大きくなって性欲がメラメラ、抑えられずにちょっと声をかけられれば着いていくって……まるで発情期ですよね、その思考回路。出会いはどうであれ、きちんと相手をホレさせられればいいですが、ただのセフレどころか一夜限りで連絡も取れないなんてことも。

ハッキリ言って、アラフォーの婚活は時間との戦いです。そんな一時の性欲に流されていては結婚どころか彼氏もできません。性欲を満足させたいのなら、その場しのぎではなく、夫となる結婚相手と思う存分してください。


3.相手にされていないのに「彼氏」と思い込む妄想悲劇

男なんて好きでなくてもセックスはできます

男なんて好きでなくてもセックスはできます


たまたま一度セックスした。それは、まぁ、そういうこともあるでしょう。そこには将来の約束なんてあるわけもなく、もしかしたら彼女や妻がいるかしれない。それ以前に、自分にその気があるのかどうかさえ定かでないのに、一度セックスしただけで「私の彼氏」とか言ってる30代、イタすぎます!

ガイドは毎日たくさんの方から恋愛相談を受けています。よく聞くパターンが「彼氏がいるんですけど、すごい忙しい人でなかなか会えない」という話。

詳しく聞いてみると、「次に会う日は全く決まっていない」「3ヶ月前に会ったきりで2~3週間前から連絡が途絶えている」「そもそも家も、勤め先も知らない」って、あのね……そんな相手を彼氏だと思い込んでいるなんて、もはや妄想です。

「なかなか会えなくても心はつながっている」なんて言えるのはもっときちんと相手のことを知ってから。出会ったばかりで相手のことを少しでも知りたいと思っていたら、相手だっていてもたってもいられなくなり、「1時間でも会いたい」「ちょっと電話で話そうよ」などと言ってきますよ。本物の恋人は愛を確かめ合い、そのうちに「ずっといっしょにいたいから」と結婚するのです。一度セックスしただけの「行きずりの関係」は、彼氏彼女ではありません!

好きでなくてもセックスなんてできますから、二度目がなければその男性にはその気がないと思ってください。相手が極度にモテない男性で「タダ乗りできるセフレ」が見つかってラッキーと思っているなら、数回は関係が続くかもしれないですが……。

女性の場合、セックスすると相手を好きになってしまう人が多いので、セックスから始まる恋愛をしたいなら「相当な恋愛マスター」にならなければ難しいとガイドは思います。もし、軽い出会いで始まったけれど本気で結婚したいと言うなら、最初は「行きずり」でもその後すぐにデートを3回先まで決めて、頻繁に会う機会を作ってデートを重ねてください。互いの結婚観まで腹を割って話すところまであなたが持っていく、そこまで長くても3か月以内! そうすれば相手も覚悟して結婚する気になるかもしれません。でも、その確率はミクロな数字です。


手当たり次第、セックスの相手を求めてしまう。頭ではなく、体が。だから、妄想して勝手に運命の人だからきっと結婚してくれると思い込む!  まさか、「私の武器は体よ! 一度セックスさせたらもう離れられないでしょ?」なんて本気で思っているとしたら……残念! そんなわけないでしょ! 勝手に妄想していてくださいとしか言えません。

むしろ、ガイドの知人の恋愛マスターの女性は、若いころはさんざん遊んでいたけれど、結婚すると決めた相手とは結婚初夜までセックスさせず、門限があると言って日が変わる前に家まで送らせて、エリート男性をメロメロにしていましたよ。結婚とはそういうもの。だって、これから先長い人生を共にする相手と、出会って速攻セックスしていったい何になるのでしょう。考え方が違うのです。しっかり切り替えてください!

結婚したい30代の女性のみなさんは大丈夫かしら?  誰しも性欲はありますが、折り合いをつけていくのが大人というもの。結婚したいなら、この先は結婚を前提とした人とお付き合いしないとね。崖っぷち女子さんこそ、ぜひ心得てください。そして、パートナーとなる男性と愛のあるセックスを楽しんでください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。