バターナッツかぼちゃのレシピ!甘さ濃密なグリル

所要時間:45分

カテゴリー:サブのおかず焼き野菜

 

バターみたいにねっとり、ナッツみたいに香ばしいかぼちゃ

クリーム色で、ひょうたんみたいな形をしているバターナッツ。中は鮮やかなオレンジ色で、加熱すれば、バターみたいにねっとりした食感とナッツみたいな風味が楽しめます。元々は南アメリカ原産のかぼちゃですが、ここ最近は日本でも食べられるようになってきています。

ハロウィンでおなじみの飾りかぼちゃみたいな見た目ですが、実は日本原産の日本かぼちゃと同じ種類です。栄養は日本かぼちゃとよく似ており、ビタミンC・ビタミンA・カルシウム・カリウムが比較的多いです。繊維質が少ないので、ポタージュやプリン、ナッツの風味を活かしてフライや炒め物にすると◎。

サイズは500gから1kgほど。ひょうたんみたいな形の上部は繊維質がほとんどなく、固め。ふっくらと膨らんだ部分は種が詰まっています。皮は食べられますが、なめらかに仕上げたい場合はピーラーで剥くと◎です。

今回紹介するグリルは、部位ごとの味わいを楽しめます。ひょうたん形の上部はあっさりとした味わい、膨らんでいる部分はねっとりとしています。じっくりと火を入れたので、甘みが極限まで引き出されており、砂糖なしにも関わらず、メープルシロップみたいな上品な甘みを楽しめます。

バターナッツかぼちゃのグリルの材料(2人分

バターナッツのグリル
かぼちゃ バターナッツ 小さめ1個
バター 10g
適宜
ブラックペッパー 適宜
パセリ 適宜

バターナッツかぼちゃのグリルの作り方・手順

バターナッツかぼちゃのグリル

1:バターナッツの選び方・保存方法

バターナッツの選び方・保存方法
表面がツルツルとしていて、傷のないものが良品。皮はベージュ~黄褐色のものを選びます。大きくても、小さくても◎ですが、あまり大きすぎないものの方が使い勝手がいいです。

風通しのよいところに置けば、1ヶ月以上保存可能です。切った場合は、切り口にぴっちりとラップをかけて、野菜室で保存します。

2:バターナッツの旬

バターナッツの旬
冬に食べるイメージが強いかぼちゃですが、バターナッツの旬は秋から始まります。9~12月に出回っています。 

3:バターナッツを切る

バターナッツを切る
バターナッツの上部と下部を切り落とし、縦半分に切ります。
種とワタをスプーンなどで取り除きます。

皮がツルツルしていて、大きいものだと果肉が固くて切りにくいので、しっかりと抑えてあげてください。あまりにも刃が通らない場合は、ラップに包んで、レンジ(600W)で1分ほど加熱して、柔らかくしてから切ってみてください。

4:バターナッツの皮を剥く

バターナッツの皮を剥く
切り口をまな板の上に置いて、ピーラーで皮をむきます。果肉がヌルヌルしており、皮がツルツルしていますので、しっかりと抑えた状態で皮をむきましょう。
皮も食べられます。揚げ物や炒めものの場合は、皮つきでもいいでしょう。

5:バターナッツに切れ目を入れる

バターナッツに切れ目を入れる
上下に割り箸を置き、端から5mm幅で切れ目を入れていきます。

6:バターナッツを焼く

バターナッツを焼く
耐熱容器か耐熱皿にバターナッツを並べ、溶かしバターを塗り、塩・ブラックペッパーを振りかけたら200℃のオーブンで30分焼きます。

出来上がったら、そのまま食べてもいいですし肉料理などの付け合わせにしても◎。表面はカリカリ、中はねっとりと柔らかな味わいを楽しめます。

ガイドのワンポイントアドバイス

ゴーヤと同じようにツルに実をつける野菜です。家庭菜園でも楽しめます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。