ストレスをためやすい人には「ない」がつく話が多い

落ち込む女性

「話し相手がいない」「つまらない」…。語尾に「ない」がつく話を「ある」や「いる」がつく話に替える魔法を、実践してみましょう

私がカウンセラーとして実感することは、ストレスを抱えている人の話には、語尾に「ない」が言葉がつくことがとても多く、「ある」や「いる」の言葉がとても少ないということです。

つまり、「チャンスがある」「支えてくれる人がいる」「自分には力がある」といった言葉を聞くことはとても少ないのですが、「つまらない」「時間がない」「持っていない」「いない」「できない」「やったことがない」「自信がない」「お金がない」という言葉を聞くことはとても多いのです。

しかし、こうした「ない」がつく話を聞くにつれ、「それは、本当に“ない”のだろうか?」という疑問が浮かびます。

たとえば、カウンセリングで「私の人生は、とてもつまらないんです…」といった悩みを聞くことがよくあります。たしかに、今生きている人生はその人が理想とするような生活ではないかもしれません。しかし深く話を聴いていくと、周囲にはその人を支えくれる人がいたり、仕事を続けていたり、健康面や生活には困っていなかったりと、まったく絶望的な状況ではないことが多いのです。

このように、人生を充実させるために役立つ資源を既にたくさん持っているのに、それらを活用して自分が思い描くような人生を送れていないことにとらわれ、がっかりしたり、自信を失ったりしている人が多いように感じるのです。
 

「ある」もの「いる」ことを思い出すと、自分が持っている豊富な資源に気づく

窓辺で頬杖をつく女性

「ある」もの「いる」ことに気づき、それらをしみじみ味わうと、たくさんの恵みを受けていることに気づくことができる


「ない」という言葉が多いのは、「ない」ことへのこだわりが強いためだと言えます。しかし、「ある」ことや「いる」ものに意識を向ければ、その人は結構たくさんの資源を持っていることに気づくことができます。

このような「ない」ことへのこだわりは、長い人生で形成してきた考え方のくせであり、何気なく思い浮かんでしまうものです。したがって、「この考え方のくせに縛られて、つらい状況に生きていると思い込んでいるのではないか?」と、一度振り返って考えてみるのがお勧めです。

そして「ない」という言葉が頭に浮かぶたびに、自分が体験して「いる」こと、自分の周りに「ある」ものに目を向けていきましょう。たとえば、「つまら“ない”毎日」から「楽しいことが“あった”瞬間」へ、「〇〇ができ“ない”」から「環境を変えればできる可能性が“ある”」へ、「お金が“ない”」から「稼ぐ力やチャンスが“ある”」へ……。

このように「ない」という言葉が思い浮かんだ時には、身近な「ある」ものや「いる」ことに意識を向けていきましょう。すると、自分が既にたくさんの資源を手にしており、理想に近づいて生きていると気づくことができます

こうして、「ある」や「いる」という言葉で自分の生活を満たしていきましょう。すると、「ない」にこだわり、憂うつや不安になる必要はないのだということに気づくことができます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項