一流の人が大切にする睡眠!「1日の始まりは寝る時間から」

一流のビジネスマン

睡眠こそ人生のエネルギー源です

黒澤明監督の作品に『悪い奴ほどよく眠る』という映画がありますが、今のビジネス界では「できる人ほどよく眠る」というのが常識です。ここでの「よく眠る」とは「グッスリ眠る」という意味で、必ずしも「長時間眠る」ということではありません。

まわりにいる一流の人を、よく見てください。眠たそうな顔で仕事をしている人はいますか? おそらくいないでしょう。一流の人は短い時間でもグッスリ眠って、日中はバリバリ仕事をしています。睡眠をおろそかにしていると、いつまでも二流のままで、一流にはなれません。

「睡眠=日中の疲れをいやす時間」と、思っている人が多いでしょうが、それは二流以下の考え方です。一流の人の多くは、「睡眠でエネルギーを蓄えて、日中は元気に活動しよう」と考えています。朝、目が覚めた時が1日の始まりではなく、夜、眠るときから1日が始まるのです。このように睡眠を前向きにとらえると、睡眠をおろそかにすることなどできないはずです。

個々人で違う適切な睡眠時間…質が悪いと心身に健康リスク

短時間睡眠法が流行っていますが、もともと睡眠は個性的なものです。エジソンやナポレオンはショートスリーパーだったようで、3~4時間睡眠で頑張っていたと言われますが、一方で、アインシュタインはロングスリーパーとして有名で、10時間以上も眠っていたそうです。睡眠時間は、自分にとって必要十分な時間を眠ることが大切です。

睡眠の時間が自分の必要量より短すぎたり質が悪かったりすると、いろいろな病気のリスクが高まります。肥満や高血圧症、脂質異常症、糖尿病などの体の病気に加えて、うつ病などの心の病にもかかりやすくなります。乳がんや前立腺がんも増え、寿命が短くなります。眠気で頭の働きが落ちると、集中力や理解力、判断力、想像力が低下します。睡眠に問題があると、体力や経済力も落ちてしまうことがわかっています。適切な睡眠時間を確保し、質をあげていくことが大切です。

日光と朝食が大切な朝…覚醒物質「セロトニン」を増やす

1. 起床時間を一定に保つ
一流になるためには、きちんと時間管理ができることが大切です。1日の始まりである起床時刻は、なるべく一定にします。平日の睡眠不足を補おうと、休日に遅くまで眠っている人が多いでしょう。休日の起床時刻が遅くなると、体内時計の調子が悪くなります。休日も平日+2時間以内に起きましょう。

2. 目覚めたら日光を浴びる
目が覚めたら、カーテンやブラインドを開けて、日光を浴びます。強い光は、睡眠ホルモンの「メラトニン」を減らします。天気が良ければ、ウォーキングやジョギングをしましょう。リズムがある運動をすると、覚醒系の神経であるセロトニン神経が活発になります。

3. カフェインを取る
覚醒作用があるカフェインは、コーヒー豆や茶葉、カカオ豆などに多く含まれています。ですから、コーヒーや紅茶、緑茶、ココアを飲んだり、チョコレートを食べたりすると、目が覚めてきます。カフェインをとりながら、メールチェックをしましょう。パソコンやスマートフォンなどの画面から出る青い光「ブルーライト」が、睡眠ホルモンのメラトニンを減らしてくれるからです。

4. 目覚めによい朝食を取る
朝ご飯は食べていますか? 朝食を抜いている一流の人は、ほとんどいません。朝食をとらないと午前中のエネルギーが足らなくなり、仕事にならないからです。お勧めの栄養素は、炭水化物と「トリプトファン」です。炭水化物は、血糖値や体温を上げるエネルギー源になります。

アミノ酸の一つであるトリプトファンは、体の中でセロトニンに変わって覚醒度を上げてくれます。トリプトファンは、牛乳や乳製品、豆・豆製品、バナナ、アボカド、肉類、スジコ、タラコに比較的多く含まれています。これまで朝食を抜いていた人は、バナナ+牛乳から始めてみるのはいかがでしょうか。

日中は仕事配分も考え「パワーナップ」…昼寝も一流のあかし

5.眠気に合わせて午前午後の仕事配分を考える
睡眠不足でなければ、午前中は眠気が少なく仕事をたくさんこなせます。企画や資料作りなど頭を使う仕事に、集中的に取り組みましょう。午後2~4時ごろには、少し眠たくなります。これは体内時計の周期の関係で、眠気のピークが来るからです。午後は後述するパワーナップも実行した上で、残った眠気を吹き飛ばすために、営業で歩き回ったり、得意先や同僚と話したりしましょう。

6.昼食は腹8分目にする
昼食は腹8分目にしておくことが大切です。食事の最後には、コーヒーやお茶などでカフェインをとっておきましょう。

7.平日・休日ともに昼寝をする
昼食が終わったら、椅子に座って昼寝をとります。ビジネス界ではこれを「パワーナップ」と呼び、一流の人の多くが実践しています。

昼寝は午後3時までに、10~20分とります。遅い時刻に眠ると、夜の睡眠に悪影響が出ます。長い時間眠ると、睡眠が深くなりすぎて目覚めにくく、起きてからも眠気が残ってしまいます。カフェインの覚醒効果は、とってから20~30分ほどで現れます。昼寝の前にカフェインをとっておくと、目覚めるころに効いてくるので、起きたらすぐに仕事を始められます。

平日の睡眠不足を補うために、休日にも昼寝をしましょう。平日の昼寝は10~20分がお勧めですが、休日は1時間半ほど眠ってもかまいません。これを「ホリデーナップ」といいます。睡眠には周期があり、寝ついてから1時間半ほどたったころは、眠りが浅くなって目覚めやすいタイミングです。ホリデーナップは、ベッドなどで横になって眠ってもかまいません。

夕食・飲酒を早めに済ませ、PC・スマートフォンはOFF!

8. 夕食は早め、あるいは分食にする
夕食は、眠る3時間前までに済ませましょう。胃腸が活発に動いている間は、睡眠の質が良くありません。夜遅くに帰宅してから夕食をとらざるを得ない人は、「分食」を試してみてください。夕方に会社で、おにぎりやパンなどの軽食をとります。帰宅後は夕方に食べた分のカロリーを差し引き、油物や肉類を避けて、軽めの夜食を食べて眠ります。分食すると太りにくく眠りが深くなり、翌朝にはお腹が減って朝食も食べやすくなります。

9. アルコールは寝る前3時間までにする
できるビジネスマンほど、アルコールを飲む場面が増えるかもしれません。ですが、アルコールは適量を、眠る3時間前までにしておきましょう。ここでいう適量とは、体重60kgの男性で日本酒なら1合、ビールは中瓶1本、ウイスキーだとシングル1杯ほどです。これだけの量なら約3時間で分解されるので、眠るときにアルコールの悪影響がありません。

10. 寝床でPC・スマホを決して見ない
仕事が忙しすぎて、眠る直前までパソコンの画面を見ている人も多いでしょう。しかし、パソコンやテレビ、タブレット端末、ゲーム機、スマートフォンなどの画面からは、睡眠ホルモン・メラトニンを減らす青い光・ブルーライトがたくさん出ています。就寝前に仕事のメールをチェックすると、エスプレッソ・コーヒー2杯分の覚醒効果がある、という研究結果もあります。眠る1時間前からは、これらの画面を見ないようにしましょう。

以上の項目のうち、まだやっていないことがあれば、1つずつ試してみてください。さらに睡眠に良い生活習慣をお知りになりたい方は、オールアバウトの記事「よい睡眠をとるための生活習慣チェックリスト」をお読みください。

グッスリ眠れるようになると、気持ちが落ち着き、頭の働きがシャープになります。まずは快眠を手に入れて、一流の人への階段を上ってください。

【関連書籍】
朝5時起きが習慣になる『5時間快眠法』
一流の人は、なぜ眠りが深いのか?
なぜ一流の人はみな『眠り』にこだわるのか?



【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場で睡眠用品を見る

Amazonで睡眠グッズを見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項