パソコン、スマホ……身近にあふれるブルーライト

ブルーライト

パソコンなどの画面から、ブルーライトがたくさん出ています

太陽の光は白く見えますが、水滴のプリズム効果で色が分かれると、七色の虹が現れます。その中で青い色の光は、「ブルーライト」と呼ばれています

ブルーライトは、白色の光の中にも含まれています。これまでのブラウン管テレビからは、あまりたくさん出ていませんでした。しかし、薄型テレビからは、たくさんのブルートライトが出ています。

また、パソコンやスマートフォンからも、多くのブルーライトが出ています。これらの画面では、白く見えるところも、青と黄色を合成して白くしているからです。蛍光灯や白熱灯に比べて、LED照明からもブルーライトがたくさん出ています。

最近の調査によると、20歳代~50歳代のビジネス・パーソンは、1日平均11時間以上もパソコンやスマートフォンなどの画面を見つめています。画面から出るブルーライトの影響で、9割以上の人が目の疲れを感じ、多くの人が睡眠について悩んでいることも分かりました。

ブルーライトによる目の病気

眼

ブルーライトを見過ぎると、視力を失うこともあります

ブルーライトは、目に見える光の中で一番エネルギーが強いので、体に対していろいろな影響を与えます。

最も大きいのは、目への影響です。ブルーライトは目の角膜や水晶体を素通りして、網膜に直接届きます。特に、網膜の中心にある「黄斑」がダメージを受けると、「加齢黄斑変性」を起こします。加齢黄斑変性は、進行すると失明する病気で、日本でも最近、急速に患者さんが増えています。

また、ブルーライトは散乱しやすいので、まぶしさやちらつきを感じたり、ピントを合わせにくい光です。ブルーライトを見ると私たちは、無意識のうちに目を酷使して、いわゆる疲れ目と呼ばれる眼精疲労や、目の痛みを起こしやすくなります。

そのため、厚生労働省のガイドラインでは、1時間のVDT(デジタルディスプレイ機器)作業を行ったときには、15分程度の休憩をとることが勧められています。

ブルーライトの身体への影響

そしてブルーライトは、目だけではなく、体全体にも影響をおよぼします。

夕方から夜にかけて、睡眠ホルモンと呼ばれるメラトニンが脳の中で増えていきます。このメラトニンの働きで眠くなるのですが、500ルクス以上の明るい光を浴びると、メラトニンが減ってしまします。

ブルーライトは、他の色に比べてメラトニンを減らす力が強いので、特に注意が必要です。眠る直前までパソコンやモバイル、スマートフォン、薄型テレビを見ている人は、それらの画面から出るブルーライトがメラトニンを減らして、寝つきが悪くなったり、眠りが浅くなったりします。

他にもブルーライトは、肥満やがん、精神状態との関係も疑われています。

専用メガネやフィルムでブルーライトをカット

メガネ

ブルーライトをカットするメガネが、いろいろあります

科学技術の発達により、身の回りに増えたブルーライト。その影響を減らすためには、どうしたらよいのでしょうか?

睡眠の質を悪くしないためにもっとも良いことは、眠る前の1時間はディスプレイ画面を見ないことです。パソコンやスマートフォンを扱う時間を、夜から朝に変えれば、目覚めも良くなって一石二鳥です。

どうしても夜にデイスプレイを見なければいけないのなら、ブルーライトをカットするメガネやシートを使いましょう。

素通しのメガネをしてスマートフォンを操作すると、寝つきが悪く、朝起きるのがつらく疲れが残り、目の下にクマができやすくなります。しかし、ブルーライトを減らすメガネをかけると、質の良い睡眠が長続きし、翌朝目覚めた後もスムーズに活動を始められます。

ディスプレイの画面に貼るシートやフィルムも同じように、ブルーライトを防いでくれます。


【関連サイト】
ブルーライトの睡眠障害への影響とは?
ブルーライト研究会
ブルーライトから眼を守れ!気になる保護グッズ7選
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項