アイロンいらず!湿気の多い日にオススメの巻かないヘアアレンジ

湿気で髪がまとまらない! 広がったりうねったり、巻いても崩れてしまったりと梅雨時季のヘアスタイルは悩みの種ですよね。そんな時に使える、アイロン不使用のヘアアレンジをご提案します。

後れ毛を残すヘアアレンジもかわいいですが、雨の日はカールが取れてしまい、せっかくのアレンジが台無しに。乱れた印象にならないように、後れ毛なしのルーズアレンジをするのがオススメです!
梅雨を乗り切るアイロン不要のまとめ髪アレンジ

hair&make KAORI(anti)


ベースのスタイル

直毛のミディアムヘア。巻いてもすぐ取れてしまい、アレンジがなかなかキープできない髪質。根元はペタンコなのに毛先にダメージがあるので、パサパサと広がってしまいます。

今回は直毛のモデルさんですが、このアレンジは毛量、クセの強さ、髪の硬さ問わずどなたにでもオススメです。
トップはつぶれて毛先がつぶれるタイプ

トップはつぶれて毛先が広がるタイプ


ヘアアレンジの方法・やり方

てぐしでざっくりわけとります

手ぐしでざっくりわけとります

1. ベースにオイルをつけておきます。オイル(油分)は湿気(水分)をはじくので、ガードの役割をしてくれます。サイドの髪を残して、後ろをひとつ結びにします。土台になるので、切れにくいゴムを選んでくださいね。

後ろにむかってねじります

後ろにむかってねじります

2. ハチ上の髪を取り分け、後ろにねじります。 

毛先を前に引っ張らないように

毛先を前に引っ張らないように

3. 前に向かってねじらないように注意してください(画像はNG例)。

結んでからクリップを外します

結んでからクリップを外します

4. 残りの髪も足して1本にしてねじり、後ろまで持って来たら、クリップで仮留めをしておきます。反対側も同様にねじったら、ゴムで結びます。

毛先はシリコンゴムで結ぶと目立たなくて良い。

毛先はシリコンゴムで結ぶと目立たなくて良い。

5. 毛先を二つに分け、ねじり編み(ツイスト編み)にします。詳しいやり方は、「巻かずにできる簡単ねじり編み」でも解説しています。

なるべく平たくなるように

なるべく平たくなるように

6. ツイスト部分をゴムの根元に巻きつけ、アメピン数本で固定します。

一度につまむ量は少しにするとGOOD

一度につまむ量は少しにするとGOOD

7. 少しづつ毛束をつまみ、全体をルーズに崩したら完成!

近づき過ぎないように20センチ以上離しましょう

近づき過ぎないように20センチ以上離しましょう

8. 最後にキープスプレーをしてガードしておくと、さらに崩れにくくなります。

うまく仕上げるポイント

崩していないものと 崩し終わったものを比べてみてください。後頭部のフォルムを補正してくれるだけでなく、全体が柔らかい印象になっていますよね!
崩していない状態

崩していない状態

崩し終わった状態

崩し終わった状態


引き出し方のコツは、指先でつまむ毛束の量をほんの少しにすること。一度にたくさんつままず、量を減らし引き出す回数を増やすことです。細い毛束で引き出されることで、巻かなくても柔らかくルーズな質感を作ることができ、雨の日でも長持ちしますよ!
とくに耳まわりは繊細に細く引き出す

とくに耳まわりは繊細に細く引き出す


正面&バック

梅雨を乗り切るアイロン不要のまとめ髪アレンジ

hair&make KAORI(anti)


梅雨を乗り切るアイロン不要のまとめ髪アレンジ

hair&make KAORI(anti)

使用したスタイリング剤

硬めのキープスプレーを使用。ふんわり仕上げた毛束をしっかり固めてくれます。後れ毛のないスタイルの時にとくにおすすめです。固めてからはスタイルチェンジしにくいので、全部仕上げてから使うのがおすすめです!
ルベルコスメティックス/トリエ10

ルベルコスメティックス/トリエ10


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。