ル・ブーランジェ・ドゥ・モンジュの右隣にあるもうひとつのフランス系パン屋さんは「ヴィエノワズリー ジャン・フランソワ」です。
 

ヴィエノワズリー ジャン・フランソワ

ヴィエノワズリー ジャン・フランソワ

ヴィエノワズリー ジャン・フランソワ

ここはM.O.F.(フランス国家最優秀職人章)のジャン・フランソワ ルメルシエさんの技術と精神を受け継ぐ「ジャン・フランソワ」のヴィエノワズリー専門店。約30種類の小さくて色とりどりのヴィエノワズリーが並ぶ様子は同じフランス系のパン屋さんでも隣と対象的です。
Wチーズケーキデニッシュ

Wチーズケーキデニッシュ

お店のイチオシは洋菓子のような「Wチーズケーキデニッシュ」(380円)。中にベイクドチーズケーキを包み、上部に北海道産のクリームチーズを用いたレアチーズケーキをのせています。
ブリオッシュ・シュクレ(左)、クッキークロワッサン(右)

ブリオッシュ・シュクレ(左)、クッキークロワッサン(右)

ほかにデニッシュ食パンを使った「デニッシュフレンチトースト」(280円)やデニッシュ生地にクッキー生地とあられ糖を被せたメロンパン風の「クッキークロワッサン」(260円)など、フランス流であることにこだわらない自由な空気が流れています。
バラエティに富んだクロワッサン

バラエティに富んだクロワッサン

クッキークロワッサンも今風のハイブリッド感覚ですが、「クロワッサン・ショコラブラン」や「クロワッサン・ハイビスカスフランボワーズ」(各280円)など、型焼きしたクロワッサンにクリームを詰めたりトッピングを施したりしたものも、そうですね。クラフィン(クロワッサンマフィン)的でおもしろい。
バブカ

バブカ

アメリカのトレンドも取り入れているのだそうで、「バブカ」(600円)もありました(参照:「バブカとは何か」)。ヴィエノワズリー ジャン・フランソワのバブカはバター70%のデニッシュ生地にガナッシュクリームとチョコチップを巻き込んでいます。味が濃過ぎないので、スライスしてデニッシュ食パンのように楽しむことができそうです。
グルテンフリー・キャロットブレッド

グルテンフリー・キャロットブレッド

そしてもうひとつ、日本ではまだグルテンアレルギー対応食品が欧米のようには普及していませんが、ここでは「グルテンフリー・キャロットブレッド」(260円)、「グルテンフリー・マフィン」(各種220円)など米粉を用いたグルテンフリーアイテムも展開されています。
グルテンフリー・マフィン

グルテンフリー・マフィン

GINZA SIXのオープンで銀座のパンはますます多種多様に、商業施設の地下はワンダーランドになっています。
ブリオッシュ生地のコーヒーロール、シナモンロール

ブリオッシュ生地のコーヒーロール、シナモンロール


ヴィエノワズリー ジャン・フランソワ

ヴィエノワズリー ジャン・フランソワ

■ヴィエノワズリー ジャンフランソワ GINZA SIX店
住所:中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 地下2F
電話:03-5537-5520(2017年4月20日より)
営業時間:10:30~20:30
Yahoo!地図情報
東京メトロ銀座駅徒歩1分

【こちらもおすすめ!銀座のおいしいパン】
日本文化を反映。ドミニクアンセルベーカリー【銀座】
「ティエリー・マルクス」銀座プレイスに2016秋OPEN!
銀座レカンのパン「ブーランジュリーレカン」
ESqUISSE(エスキス)のパンが銀座・和光に登場
食パン専門店 セントル・ザ・ベーカリー【銀座】

【GINZA SIX関連記事】
GINZA SIXのおすすめ手土産スイーツ店リスト
GINZA SIXで出会えるおすすめのチョコレート!
GINZA SIXでゆったりとスイーツを楽しめるカフェ
GINZA SIXのレストラン「絶対ハズさない」2店
GINZA SIXを1時間で満喫する方法と全テナント情報
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。