就活や面接で好感度アップ!清楚で綺麗なきちんとハーフアップ

面接受けするハーフアップ!綺麗で好印象な髪型の作り方

hair&make KAORI(anti)

面接や入社式など、きちんと見せたい時に大活躍するのが清楚なハーフアップスタイル。お仕事はもちろん、就活中や新入社員さんにもおすすめです。シンプルなのに好印象、さらに表情を明るく見せるにはコツがあります。ちょっとしたひと手間で崩れづらくなりますよ!
   

ベースのスタイル

鎖骨レングスのレイヤーヘア。毛先が軽いのでアレンジをするとパラパラ落ちてきやすい髪質です。顔型、髪の量を問わずにトライできますが、クセが強めの方はストレートアイロンでゆるい内巻きにしておきましょう。
レイヤーの入ったミディアム

レイヤーの入ったミディアム

 

似合うスタイル

顔型 すべてOK
毛量 やや少ない~多い
クセ すべてOK
髪質 すべてOK
 

ヘアアレンジの方法・やり方

ベースにヘアクリームをつける

ベースにヘアクリームをつける

1. 中間から毛先に、ヘアクリームをつけておきます。短い毛がぴょんぴょん出やすい方は根元付近も少しつけましょう。髪が柔らかくて毛量の少ない方はごく少量でOKです。
耳が出るように髪を分けとる

耳が出るように髪を分けとる

2. フェイスラインと耳が出るように、後頭部までまっすぐ分けとります。後れ毛を残さないのがポイント。
緩まないようにしっかり結ぶ

緩まないようにしっかり結ぶ

3. 分けとった髪を結びます。できるだけゴムが地肌から離れないように根元に結びます。結んだ後に毛先が浮かないように、毛束を下に軽く引っ張りながら結ぶと上手くいきます。
結んだ部分が立ち上がって隙間が見える状態

結んだ部分が立ち上がって隙間が見える状態

4. 結び終わった状態。このままだと、結んだ毛先部分が頭皮から浮いてしまいます。隙間ができて、なんとなくバランスが悪く見えてしまいます。
しっかりゴムを抑えるのがポイント

しっかりゴムを抑えるのがポイント

5. ここがポイント! ゴムの部分が頭皮につくようにしっかり倒しておさえ、後頭部をつまんで引き出します。こうすることでゴムの浮きが抑えられます。
たるまないようにきちんと引き上げる

たるまないようにきちんと引き上げる

6. もみあげ、顔周りの後れ毛をスッキリ留めます。まず耳元の髪をつまんでゴムの方向に引っ張ります。ここがスッキリしているだけで、印象がグッと明るく見えます。
隠しピンでもみあげの毛を留める

隠しピンでもみあげの毛を留める

7. 隠しピンをします。引っ張ってきた、もみあげの毛をピンの片足に引っ掛けて、頭皮から浮かないようにピンを地肌に深く当てます。そのあと表面にピンが出ないように押し込みます。
ピンが隠れるようにしっかり押し込む

ピンが隠れるようにしっかり押し込む

8. パラパラ落ちやすい場合は2本使いましょう。ピンのお尻部分が隠れるように、しっかり奥まで押し込むときれいに留まります。
コームで優しくなでるように整える

コームで優しくなでるように整える

9. バランス良く留められたら、表面の浮き毛を整えます。コームを使いますが、表面を軽くなでる感じで、ふわふわ浮いた毛をなじませます。
スプレーで表面の髪をキープ

スプレーで表面の髪をキープ

10. 20cmくらい離した位置から、表面をキープスプレーで固めます。
前髪にもスプレーをすると乱れにくい

前髪にもスプレーをすると乱れにくい

11. 前髪も乱れないようにスプレーをします。少しおでこが見えるくらいふんわり分けておくとよいです。
 

うまく仕上げるポイント

トップがペタンコでゴムの部分が浮いていると、とてもバランスが悪くなります。さらに、フェイスラインが緩んだり後れ毛が出ていると、なんとなくだらしない印象に見えてしまいます。後頭部にふんわりしたシルエットを出し、フェイスラインをしっかり留めることで、好印象のハーフアップになるので比べてみてください。
結んだ部分が立ち上がって隙間が見える状態

ただ結んだだけに見えてしまい、なんとなく暗い印象に……

 

hair make KAORI

後頭部の丸みが出てきちんと耳を見せたスタイル

 

バック&正面

きれいめハーフアップヘア

hair&make KAORI(anti)

きれいめハーフアップヘア

hair&make KAORI(anti)

 

使用したヘアゴムとピン

シリコンゴムは2重にして結ぶとしっかり留まります。太めのゴムの場合は輪っかを小さくすると目立たずに結べます。今回は、手順がわかりやすいようにゴールドのピンを使いましたが、実際は目立たないように黒ピンを使用しましょう。
毛量の多い方はシリコンゴム出なくてOK

毛量の多い方はシリコンゴムでなくてOK


【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。