自分で簡単!浴衣にも洋服にも似合う編み込みハーフアップアレンジ

花火大会やアウトドアなど、この季節はヘアアレンジが活躍しますね。ただ、アレンジが苦手という方も多いはず。「どうやればいいかわからない」「似合うバランスがわからない」と言った声をたくさん聞きます。

そこで今回は、自分で簡単にできて、浴衣にも洋服にも似合う編み込みハーフアップのやり方をご紹介。頭の丸みに合わせて編むことで、バランスよく、崩れにくくなります。編み込みが苦手な方は、なんといっても“慣れ”が大切。多少曲がっても、何度か繰り返すことによってどんどんバランスを覚えますので、まずは簡単なヘアスタイルからチャレンジしていきましょう。
自分で簡単!編み込みハーフアップ

hair 公文啓敬

ベースのスタイル

鎖骨下10センチのミディアムスタイル。
鎖骨ラインのミディアムヘア

鎖骨ラインのミディアムヘア

おすすめのタイプ

顔型: ひし形 丸 卵 
髪質: 軟毛~硬毛
髪量: 少ない~多い
クセ:  あり~なし

ヘアアレンジの方法・やり方

ヘアアイロンで全体を巻く

ヘアアイロンで全体を巻く

1. 中間から毛先を34ミリのヘアアイロンでミックス巻きをしていきます。

ハチの高さから編み込みをスタート

ハチの高さから編み込みをスタート

2. ハチの高さから編み込んでいきます。最初の編みはじめは、毛束の量を少なめにとるのがポイント。毛束が太すぎると編み込みの始点が後ろに下がってしまいますので、注意してください。

後頭部の真ん中まで編み進める

後頭部の真ん中まで編み進める

3. 後ろのセンターまで編み込んでいきます。この時に、編み込みの高さを頭の丸みに合わせるようにしていきます。

中央でピン留めする

中央でピン留めする

4. センターまで来たらピンで固定します。ピン留めに自信がない方は、ゴムで留めても大丈夫です。

逆側も同様に編み込む

逆側も同様に編み込む

5.  逆側も2~4の手順と同様に、編み込みんでいきます。

中央まで編んだらピン留め

中央まで編んだらピン留め

6. センターでピン留めします。最後に編み込んだところや、トップのところをバランスを見ながら引き出し、髪の束をゆるめたら完成です。


上手く仕上げるポイント

頭の丸みに合わせて編むときれい

頭の丸みに合わせて編むときれい

編み進めるとき、頭の丸みに沿わせるように編み目を徐々に下げていくとバランスよく見えます。後ろから見ると、2本の編み込みがV字のように中央で重なります。 ゴムで留めた場合は、2つの毛束をひとつに結んでくるりんぱするか、留めたところをバレッタなど髪飾りを使って見えないようにするときれいに仕上がります。

 

サイド&バック

自分で簡単!編み込みハーフアップ

hair 公文啓敬

自分で簡単!編み込みハーフアップ

hair 公文啓敬


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。