Point1  便器や便座のデザインにこだわる

トイレのプランニングの際には、便器や便座の性能や使い勝手に配慮することはもちろんですが、そのデザイン性にもこだわりたいもの。一般的な住宅のトイレは、洋風便器と便座、水をためておくタンクの組み合わせですが、すっきりとしたデザインが特徴のタンクレストイレを取り入れるプランも増えてきています。最近では、カラーバリエーションを揃えた商品シリーズもみられ、好みの空間を実現することが可能。タンクのあるタイプや温水洗浄便座のデザイン性も高まり、空間に馴染む形状のタイプが多くみられるので、コーディネートしやすいでしょう。

オブジェのようなタンクレストイレが大人の空間を生み出す。[サティスGタイプ セットプラン Plan-1604] シャワートイレ一体型便器(タンクレス)]undefinedLIXILundefined http://www.lixil.co.jp/

オブジェのようなタンクレストイレが大人の空間を生み出す。[サティスGタイプ セットプラン Plan-1604] シャワートイレ一体型便器(タンクレス)] LIXIL
 

Point2  手洗い器や水栓金具で個性を演出する

タンクレストイレや手洗いなしタイプのタンク式トイレを取り入れた場合に必要になるのが手洗器。どのような手洗器を取り入れるかによって、トイレ空間の雰囲気も大きく変わります。手洗器(ボウル)を壁に設置したり、カウンターを設けたり、収納キャビネットが一体化したタイプを組み合わせたり、さまざまなスタイルが考えられるでしょう。

和の雰囲気を持つ信楽焼の手洗い器。 [手洗器undefinedCEV500-GV ]undefinedセラトレーディングundefinedhttp://www.cera.co.jp/

和の雰囲気を持つ信楽焼の手洗い器。 [手洗器 CEV500-GV ]    セラトレーディング
 

洗面器には、スタイリッシュなデザインの輸入品、陶器や磁器製など和の雰囲気を持つタイプなど、豊富な商品がみられ、水栓金具とのコーディネートによって、個性的な空間を生み出すことが可能。水栓金具には、洗面器に組み込まれたタイプ、シングルレバー、自動水栓などもみられますが、空間のアクセントともなるので、洗面器に適したデザインを選びたいものです。

Point3  空間に合わせてトイレアクセサリーをコーディネートする

モダンで合理的なデザインが空間のポイントになる。[TrendundefinedECO200+ECO205 ペーパーホルダ―]undefined セラトレーディングundefinedhttp://www.cera.co.jp/

モダンで合理的なデザインが空間のポイントになる。[Trend EC0200+EC0205 ペーパーホルダ―]  セラトレーディング

トイレットペーパーホルダー(紙巻器)やタオル掛け(リング)、フックや鏡、手すりなどのトイレアクセサリーは、日々の使い勝手だけでなく、空間のイメージに影響するもの。国産だけでなく海外の製品など、商品バリエーションも豊富にみられます。

水まわりメーカーにも、衛生陶器や水栓金具などとコーディネートしやすいデザインが揃っていますし、DIYショップやネットショップなどでも手軽に購入することが可能。シンプルでモダンなデザインやクラシカルな雰囲気を持つ金属製、エレガントな可愛らしい陶器製、ナチュラルな木製など、空間に合わせて選ぶことができるでしょう。デザイン性はもちろん、ペーパーやタオルの交換のしやすさも確認しておきたいポイントです。

Point4  いつでも心地よく、冬の暖かさも確保する

脱臭、暖房機能付き「ナノイー」機能パネル。真空断熱材とPTCヒーターを組み合わせた薄型複写パネルで無駄なく暖房する。 [アラウーノ・ルームundefinedUNOS(ウーノス)]undefinedパナソニック エコソリューションズ http://sumai.panasonic.jp/

脱臭、暖房機能付き「ナノイー」機能パネル。真空断熱材とPTCヒーターを組み合わせた薄型複写パネルで無駄なく暖房する。 [アラウーノ・ルーム UNOS(ウーノス)] パナソニック エコソリューションズ
 

心地よいトイレ空間とするためには、温度環境も大切です。他の部屋や廊下などとの温度の変化を少なくし、特に冬場の寒さは配慮しておきたいポイントでしょう。トイレ用の小型の暖房機器などを取り入れることも考えられますが、室内暖房機能付きの便座などを選んでも。設定した時間に作動するタイマーや室温を感知して自動で作動する機能を持つタイプもあります。また、床暖房を設置したり、暖房機能付きのパネルなどもみられるので、プランや家族構成に合わせて取り入れるといいでしょう。

Point5  快適な空気環境を保つ

フィルターでホコリをカット。人の出入りをセンサーが感知して換気扇を自動運転する。 [FY-08PFRY9VDundefinedパイプファン] パナソニック エコソリューションズ http://sumai.panasonic.jp/

フィルターでホコリをカット。人の出入りをセンサーが感知して換気扇を自動運転する。 [FY-08PFRY9VD パイプファン]  パナソニック エコソリューションズ

トイレで気になるもののひとつが、臭い。換気は、住まい全体としての計画の中で検討する必要がありますが、通常の換気に加え、使用後の臭いを排出することが重要です。

たとえば、照明のスイッチを入れると換気扇も作動、照明スイッチを切った後、しばらく経ってから換気扇が切れるタイプであれば、トイレの使用後に作動することで、臭いや湿気を排出することが可能。センサーで入室を感知し自動運転、タイマーで自動OFFするタイプは、つけ忘れや消し忘れを防ぐことができるでしょう。また、臭いを軽減する機能を持つ壁材を取り入れたり、脱臭・消臭機能付きの便器を選ぶこともひとつの方法でしょう。

Point6  掃除がしやすいアイテムで快適さを保つ

トイレは、いつでも清潔な空間としておきたいもの。各社の便器や便座には、形状や加工などによって、汚れがつきにくく落しやすいもの、独自の洗浄方式で汚れを落とすものなどがみられます。また、床材や壁材などにも、耐水性やアンモニアに対しての強さがあるなど、掃除がしやすい素材を選ぶことで、心地よい空間を維持することができるでしょう。

トイレは、便器や便座などの衛生陶器を選ぶことはもちろん重要ですが、家族やお客様も使用する場所なので、居心地のよさ、快適さにも充分配慮したいもの。リビングなどの居室と同様に、空間全体でプランニングすることが大切でしょう。


【関連記事】



匿名で優良会社にリフォーム相談!

ホームプロでリフォーム会社を探す


投資未経験者限定で、オンラインインタビューを受けていただける方を募集中!
ご応募の際に事前に投資意向調査アンケートにご回答いただきます。
投資に興味がない方から興味がある方まで幅広く受け付けております。
※謝礼は10,000円になります(最大10名まで)

ご協力いただける方はこちらから回答をお願いいたします(回答期限は2021年3月1日15時まで)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。