家族みんなが使用する洗面は、細かな省エネでも重要

毎日の暮らしの中で、省エネルギーやエコロジーに配慮することはとても大切なこと。新築やリフォームの際にも、できる限り、省エネ性能の高い設備機器や環境に配慮した素材などを取り入れたいものです。

キッチンやバスサニタリーなどの水まわりは、エネルギーも多く使用する場所なので、設備機器選びは慎重に行いたいもの。洗面脱衣室は、キッチンやバスルームなどに比べれば、効果は大きくはないかもしれませんが、家族が朝晩、毎日使用する場なので、細かな部分でも省エネルギーを意識することは重要でしょう。

デザイン性だけでなく節水機能が高まった水栓

手を近づけると水がでて、離すと止まる。使う分だけ出るので無駄がない。undefined[ウツクシーズ タッチレス水栓 すぐピタ]undefinedパナソニックundefinedエコソリューションズundefinedundefinedhttp://sumai.panasonic.jp/

手を近づけると水がでて、離すと止まる。使う分だけ出るので無駄がない。 [ウツクシーズ タッチレス水栓 すぐピタ] パナソニック エコソリューションズ

一般的な住宅で多くみられる洗面室は、バスルームに隣接する、洗面脱衣室としての空間です。その中でも主となるのは、洗面スペースのプランニング。洗面化粧台を選び設置するか、カウンターや洗面ボウル、水栓などを組み合わせる方法のどちらかとなるでしょう。いずれのプランにしても、省エネルギーに関しては、水栓金具の性能が重要なポイントです。

洗面用の水栓金具は、必要以上の水の消費を抑えたシングルレバー混合水栓が主流ですが、ハンドル操作ではなくスイッチひとつで簡単に水の出し止めが出来るタッチ式や手を差し出すだけで水の出し止めができるものなどもみられます。使う分しか出ないので無駄使いを防ぎ、小さなお子様や高齢の方でも使いやすいでしょう。また、お湯と水をしっかりと使い分けられる水栓レバーであれば、無駄に給湯器(システム)を作動させることを防ぐことも可能です。

洗面化粧台商品を選ぶ場合は、あらかじめ水栓金具がいくつか設定されているので、どのような機能を持つ水栓を選ぶことができるのか確認しておくこと。家族構成はもとより、日々の洗面の使い方、お化粧や洗濯物の下洗いなどをするのか、なども考慮して選ぶことが大切です。

LED照明を取り入れ安全性やお化粧のしやすさを確保

自然な色の顔、影をつくらないよう両側から照らし手元まで明るい縦型のLED照明。undefinedundefined[ラシスundefinedLS-16YC/幅1650mm]undefinedundefinedパナソニックundefinedエコソリューションズundefinedundefinedhttp://sumai.panasonic.jp/

自然な色の顔、影をつくらないよう両側から照らし手元まで明るい縦型のLED照明。  [ラシス LS-16YC/幅1650mm]  パナソニック エコソリューションズ

洗面室空間の照明も、出来る限り省エネタイプの商品を選びたいもの。LEDも一般化し、水まわり空間の照明器具の商品バリエーションも増えています。最近では、洗面化粧台に組み込まれる照明にもLEDが多く用いられ、すっきりとしたライン状のデザイン、顔が美しくみえるように設置されたものなどもみられます。消し忘れ防止機能が付いているものであれば、よりエコロジーといえるでしょう。

洗面室は、洗面だけでなく、お化粧や身だしなみを整えるスペースとして利用する方も多いはず。省エネを考慮しながら、必要な明るさを確保できるような照明をプランニングすることが大切です。

ミラーのくもり止めは電気を使用しないタイプを

電気を使わない表面コーティングでくもりを抑える。消し忘れもない。[エルシィundefinedストレスフリー・電力フリーのくもり止めコート ]undefined LIXILundefinedhttp://www.lixil.co.jp/

電気を使わない表面コーティングでくもりを抑える。消し忘れもない。[エルシィ ストレスフリー・電力フリーのくもり止めコート ]  LIXIL

浴室に隣接してプランニングされる洗面脱衣室の場合、入浴後など、洗面のミラー部分がくもってしまい、使い勝手が悪くなることもよくあります。洗面化粧台商品のアイテムとしてのミラーには、従来より、くもり止めヒーターなどが搭載された商品もありますが、最近では、電気を使用しないタイプもみられます。

特殊なコーティングによって、くもりを防ぐもので、エネルギーが不要なのが大きな魅力。ヒーターではないので、オンオフの手間もなく、くもりがとれるまで待つ必要もないのも特徴でしょう。

掃除が楽なアイテムは時短になりエネルギーの無駄も減少

水栓まわりに水がたまらず、拭き掃除も簡単。凹凸のないバックガードがミラー下まであるので、飛び散った水滴も拭きやすい。 [エルシィundefined間口1000mm(本体間口:1000mm) 引出タイプ]undefined LIXILundefinedhttp://www.lixil.co.jp/

水栓まわりに水がたまらず、拭き掃除も簡単。 [エルシィ 間口1000mm(本体間口:1000mm) 引出タイプ]  LIXIL

住宅設備機器は、水まわり機器を中心のお手入れや掃除のしやすさを考慮した商品が多くみられます。汚れにくく掃除がしやすいタイプを選べば、お手入れの時間が短くなり、エネルギーを無駄にすることも少なくなるでしょう。

また、省エネルギー性能の高い給湯システム(給湯器)を選ぶことも重要なポイント。バスルームやキッチンプランと同時にトータルに検討することが大切でしょう。


【関連記事】


匿名で優良会社にリフォーム相談!

ホームプロでリフォーム会社を探す

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。