ひとくちにトイレといっても商品の種類はさまざま

家族が日々使用するトイレは、身近な設備機器のひとつ。最近の各メーカーの商品には、機能性やデザイン性を高めるなど、独自の工夫を施したトイレが多くみられます。

新築やリフォームで取り入れる住宅用のトイレには、いくつかのタイプがあり、それぞれ価格も異なります。選ぶ際には、価格の違いは何かを理解した上で、わが家に適した商品を取り入れるようにしましょう。
便器/ネオレストRH1  ¥344,000
 [タンクレストイレ商品例]
便器/ネオレストRH1  ¥344,000
柔らかなフォルムのデザインが特徴。快適性、使い勝手を高める機能を搭載。
 

形状やスタイルでトイレの価格は変わる

トイレは、その形状やスタイルで分けると、

・タンクレストイレ
・便器と便座が一体型のタンク式
・便器と便座を組み合わせたタンク式


の3つに分類することができます。
 
メーカーや商品によりますが、価格は、タンクレストイレ、一体型のタンク式、便器と便座を組み合わせたタンク式の順に安くなります。しかし、それぞれの中でも、性能や機能、デザインによって価格は大きく異なり、タンクレストイレでも比較的安価なタイプは、一体型タンク式や組み合わせタイプと大きく変わらない場合もあります。
 

「便器」の機能・性能はトイレの価格に影響

メーカー商品には、それぞれのタイプごと、機能や性能などが異なる商品が揃っており、基本的には、充実した機能を持つものほど価格は高くなります。各メーカーからは、節水機能や洗浄機能など、高い性能を搭載したタイプが増えてきています。

たとえば、タンクレストイレでは、清潔さを保つ機能や掃除のしやすさなど、細かな配慮が施されたものは価格も高めに。デザイン性の高い最新のタイプと価格を抑えた商品と比べると数十万円の差が出る場合もあります。
便器/ネオレストNX(スティックリモコン)  ¥570,000
[タンクレストイレ商品例]
便器/ネオレストNX(スティックリモコン)  ¥570,000
陶器の質感を生かした、美しい曲線のデザインが特徴。洗浄機能、清掃性、省エネなど充実した機能を搭載。
便器/ネオレストDH2  ¥299,000
[タンクレストイレ商品例]
便器/ネオレストDH2  ¥299,000
快適機能を凝縮したシンプルなタンクレストイレ。
 

「便座」の機能・性能も価格に大きく影響

便座の機能も価格に大きく影響し、

・特別な機能を持たない「普通便座」
・座面が暖かくなる機能のある「暖房便座」
・温水での洗浄機能を持つ「温水洗浄暖房便座」


の順で価格が高くなります。

多くの方が取り入れる「温水洗浄暖房便座」では、暖房や洗浄機能以外に、温風乾燥や脱臭機能、便座や便蓋がゆっくりと閉まる機能、節水や節電性能など、機能が充実するほど価格はアップします。
 
(左)便器/床置床排水大便器ピュアレストEX   ¥54,000 タンク/密結タンク(ピュアレストEX)手洗なし  ¥54,400 便座/ウォシュレット アプリコットF3AWタイプ ¥179,000 (右)便器/床置床排水大便器ピュアレストQR   ¥41,000 タンク/手洗付密結タンクピュアレストQR  ¥55,600 便座/ウォシュレットS1Aタイプ      ¥102,000

       

[組み合わせタイプの商品例] 
(左)便器/床置床排水大便器ピュアレストEX      ¥54,000 
   タンク/密結タンク(ピュアレストEX)手洗なし  ¥54,400
   便座/ウォシュレット アプリコットF3AWタイプ ¥179,000 

(右)便器/床置床排水大便器ピュアレストQR      ¥41,000 
   タンク/手洗付密結タンクピュアレストQR     ¥55,600 
   便座/ウォシュレットS1Aタイプ         ¥102,000
 

タンクレスや手洗なしタンクの場合は、別に手洗器も必要

トイレ本体ではありませんが、ペーパーホルダ―やタオルリングだけでなく、タンクレストイレやタンクに手洗い機能を設けない場合は、別途、手洗器も必要になります。
 
メーカー商品には、手洗器やカウンターを設置するタイプ、収納スペースやリモコンなどを組み込んだタイプなど、豊富なバリエーションが揃っています。サイズやデザイン、組み込まれるアイテムなどによって価格は大きく変わるので、トイレ機器と同時に空間全体で検討することが大切でしょう。
 

ショールームで必要な機能の確認を

便器/GG2   ¥250,000
[一体形便器(タンク式トイレ)の商品例]
便器/GG2   ¥250,000
タンク式のローシルエット便器。

トイレは、形状やスタイル、搭載される機能によって価格は大きく変わるもの。プランニングの際は、ショールームで実際に商品を確認し、実際に操作するなどして、価格が異なる理由を理解すること。その上で、家族構成やライフスタイルに合ったタイプを選ぶようにしましょう。また、イニシャルコストだけでなく、節水や節電など、ランニングコストを考慮することも大切なポイントです。
 
 
【写真協力】 TOTO  
※価格はすべて税抜
 
【関連記事】

匿名で優良会社にリフォーム相談!

ホームプロでリフォーム会社を探す

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。